熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

ウドとタラの実を種として確保。

DSCN8675


ウドの実です。

DSCN8676

タラの実です。

10/11に、山遊びの一つとして、山菜を増やそうと、実を種にするために山に入りました。
少し、速かったみたいですが、熟しかけたものだけを採りました。
これを山に蒔くつもりです。

この日の早朝は、霧が深かったです。陽が出始めてくると徐々に晴れてきました。
その途中では、まだ雲海が残っていました。小屋から10分程登ったところで、後ろを=西方向を振り返ると雲海が少し残っていて、大峰の山々がその向こうに見えました。

DSCN8668

DSCN8665

辻本さんが、フキに鶏糞を蒔いてくれました。

DSCN8672

先日に山には行ったときに、4、5袋ほど、堰堤の上に積んでいたのを見かけて、「どこにまくのか」と思っていたのですが、この日にはもう残っていませんでした。

DSCN8670

どこにと見ていたら、フキの所にまいていました。

とにかく、一つ一つのやるべきことを確実にやっています。
こちらが、たまに山に入るだけなので、全く役に立っていないです。
初夏に移植したフキは大きくなっています。

DSCN8674

大根、白菜、秋ジャガ、今の所、順調みたいです。

DSCN8658

DSCN8660

DSCN8662

写真は昨日(10/9)の畑です。

今の所、大根も、白菜もまた、秋ジャガも順調に育っているようです。虫にもあまりやられていないようです。

このまま行けば11月の半ば頃が収穫になるかも、冬用として早すぎるので、漬物用には使えないかもです。が出荷には役に立ちそうです。

畑では、後は、タマネギとソラマメ、実エンドウの種まき、苗植えが残っています。10月の終わりごろの予定です。

畑だよりです。

DSCN8646


ニンニクの芽が出てきています。

DSCN8647

ホウレンソウ、水菜、青梗菜の芽が出ています。種の蒔き方が乱雑なので、重なるように芽が出ています。早く間引かなければならないのですが、今日、明日中に間引くつもりです。

DSCN8648

小松菜とカブの種まきをやりました。

とにかく、畑作業もいつもことですが、遅れています。
タマネギの苗作りに種は蒔きました。
このタマネギの苗植え用に耕運しなければならないのですが、まだカボチャが残っています。はやくかたずけて、草を引いて、耕運ー元肥入れ、畝立てと、急がなければならないのですが、
ギャラリー
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • 大根、白菜、秋ジャガ、今の所、順調みたいです。
  • 大根、白菜、秋ジャガ、今の所、順調みたいです。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.