熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

グミの花が咲き、柿、梅、栗に、緑が出てきました。

春が進んでいます。
グミに花が咲きました。実がつきだすと鳥のエサにされます。防御ネットを準備しなければなりません。

DSCN9114

梅の花が散り、緑に代わりつつあります。

DSCN9115

柿の芽が出てきました。桃・くり三年、柿八年で、今年は柿の八年目です。実がなるかどうかが楽しみです。木がまだ、小さいので、今年は無理ではないかと思っています。

DSCN9116

栗の芽が少しだけ出てきています。

DSCN9117

アケビも、花が咲きました。

DSCN9119

庭の水仙の花がまもなく終わりそうです。

DSCN9118

三ツ口山は、鶯が啼き、山桜が咲いて、山菜も採れています。

DSCN9106

三ツ口山は、春が始まっています。
この間の急速な暖かさで、物凄いスピードで、山が成長です。
上の写真は、タラの芽です。桜の花が⒎,8分咲になると採り頃ですが、今年の桜は、3月30日には7分咲という速さでしたので、タラの芽も採り頃になりました。
辻本さんがタラの芽の成長を促す様々な工夫を作っているので、その成果が出ています。
一定の大きさになっている木を途中で切ることで、二本、三本仕立てにし、また、肥料を入れることで
成長を促して大きな芽が出ています。

イタドリ=ゴンパチも早くも出てきています。

DSCN9075

DSCN9074

このイタドリにも肥料をやることで、成長を促し、また、採りすぎで途絶えないようにも工夫しています。

DSCN9101

秋田フキも大きくなっています。
ウドも芽を出し始めています。

三ツ口山を山遊びを楽しめる山とする辻本さんの意思が山を豊かにしています。

山桜もあちこちに育っていて、花が出ています。

DSCN9088

DSCN9091

DSCN9095


栃の木の芽も出てきています。


DSCN9098

椿が盛りです。林内に沢山あります。

DSCN9081

DSCN9080


直播の栃の木が4年目です。
DSCN9082

木苺が花を咲かせています。

DSCN9100

山では鶯が啼いています。
山の彼方此方で啼いています。鳴く声が、それぞれが競い合っています。林内を歩けば、あちこちから声が聞こえます。歩いていると途絶えることなく声が聞こえます。

桜はどこも満開です。奈良・下北山村も、三ツ口山の桜も。

DSCN9056


奈良、下北山の桜並木はものすごく多くの桜があり、圧巻です。今年は4月⒎,8日が桜祭りの予定ですが、もうすでに桜が満開です。この間の暖かさで、熊野でもほとんどの桜は満開です。


下北山の桜です。

DSCN9057

DSCN9058

DSCN9059

三ツ口山の桜も満開に近いです。8日に桜の花見会を予定していますがどうやら葉桜見学になりそうです。

DSCN9068

DSCN9069

三ツ口山の椿も一斉に咲いています。

DSCN9060

DSCN9062

直播の栃の木は4年で大きくなっています。

DSCN9064

DSCN9067

この栃の木は、夏までに1メートルの大きさになるのではないかと思います。


ギャラリー
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.