熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

梅が何輪か、咲き始めてきました。

DSCN0560

今日は、2月10日です。朝から、晴れています。霜はしっかり降りています。
この間、少し暖かい日が続いたので、ようやく、庭の梅の老木に、花が、咲き始めました。
これから、寒い日と、暖かい日が、重なりながら、春へと動いていくのでしょう。梅の花も、少しずつ、増えてくるでしょう。

昨日(2月3日)、集落で「庚申様」の祭りでした。

DSCN0527

昨日、雨が降るかもの、心配があったのですが、晴れでした。午後1時から、佐渡区の4つのうちの2つの区の「庚申様」の祭りでした。
前夜、集会所で、餅つきがあり、準備が整い、三々五々、集まってきて、始まりました。
神事が、執り行われた後は、待望の餅ほりでした。
みんなは、これが楽しみで、時間にしたら、10分もないのに、喜び、楽しみは、それの何十倍です。
この餅ほりの写真は、いつもありません。
次は、3月の稲荷様の初午です。
餅ほりの後は、お供えのお神酒で、しばしの、宴会でした。

DSCN0526

地元の高校で、「地域と林業」の講座が、「林業の危機が」

林業についての勉強20190126

1月25日付の地元の吉野熊野新聞が、「23日、地元の木本高校での、「地域と林業」という、「地域学講座」の内容が紹介されています。
地元で林業を営む若い兄弟が、講師を務めてです。
コピーですので、字が小さくて読みずらいですが、講演内容が核心部がよくまとめられていると思います。ぜひ、読んでください。林業の危機の様子がわかると思います。
ギャラリー
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
  • 昭和20年代から、30年代の田舎」が、絵で見事に、感動的に再現されました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.