熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

今年も、大又川にウナギが放流された。

DSCN1759

4/24に,今年も大又川にウナギが放流された。
絶滅危惧種と言われているウナギが今年も大又川で育つのだ。歴史ある大事な放流事業であり,熊野市の、そして熊野川の源流域の大又川の流域の、飛鳥と五郷の大切な地域資産である。
誰にでも開放されている川は数少ないと思う。
ウナギを自分の手で取れるというのは、ロマンであり、夢があるものです。
漁期は、川の水が暖かくなる5月中旬頃から、10月中旬頃までです。
ルールを守って、ウナギ捕りに挑戦しませんか。前日の昼過ぎから餌を、確保し、夕方に仕掛け、翌朝に朝露を踏んで引き上げにかかると言うことです。
獲れれば早速、蒲焼きにして食べるいう幸せが待っています。
獲れなくてもそれはそれで、楽しいものです。
是非、大又川流域に来て下さい。川だけでなく、山も野も自然が溢れています。また、源流域で、河口から180キロも上っているところなのに、海には、車で15分で出れるという、日本で唯一の処なので、海での遊びも楽しめます。
ウナギは、一年で海に出るのではなく数年は川で過ごすそうです。大又川で育ったウナギです。

20日、熊野原木市場で、天然檜に一本500万の値がつく。

DSCN1674

DSCN1675

20日開かれた、熊野・飛鳥の「熊野原木市」は、樹齢200年以上のヒノキをはじめスギやケヤキなど2500立方の木々が並んだ。
熊野産天然ヒノキは樹齢250年を超える、長さ8メートル、直径76センチで、500万の値がつけられて落札された。
この日は、たくさんの良材が出されたとのことで、活況だったとのこと。
これは、吉熊新聞からの抜き書きです。

昨日、大慌てで、ジャガイモの芽かきに、ダイコンの間引き。

DSCN1671

昨日4/22、二日ぶりに雨が上がったので、畑に入る。
ジャガイモが、急に大きくなってしまっていて、芽かきの時期を逸してしまっていたが、そのままにしておくと、小さな芋になってしまうので、大慌てで芽かきする。
案の定、ジャガイモの芽は固く土に根を張り、なかなか、搔けない。
とにかく、二本ぐらいにしなければと、必死で、引っ張る。相当の力を入れるも、途中で切れて仕舞う。
また、切れ端を掴んで、なんとか引っ張り出そうとする。
そんなことの繰り返しで、約、120本の芽かきを終えました。
下の畑に移動して、ダイコンの間引きをする。
先日、間引いたダイコンよりも10日ほど遅れて種まいたダイコンで、ベタがけをしていたのだが、想定よりも,速く大きくなっていたので、間引く。
ベタがけだから、太陽の力が弱いので、ひょろひょろ的だった。柔な感じだ。
とにかく、間引いて一本立ちにした。太陽にあてるためにベタは外した。
間引いたダイコンは、早速塩を振りまいて浅漬けにした。間引き菜の浅漬けは美味い。作るものの特権だと思う。

DSCN1672
ギャラリー
  • フジバカマに、蝶々が集まって来ています。
  • 15日、奈良から、5人のbグループが、来ました。
  • 11日、山では、栃の実が落ちていました。15年生の栃の木に実がついていました。
  • 11日、山では、栃の実が落ちていました。15年生の栃の木に実がついていました。
  • 11日、山では、栃の実が落ちていました。15年生の栃の木に実がついていました。
  • 11日、山では、栃の実が落ちていました。15年生の栃の木に実がついていました。
  • 夏休みをとって、風の盆に、9/1,2,と、その後も、9日までの長期休暇。
  • 夏休みをとって、風の盆に、9/1,2,と、その後も、9日までの長期休暇。
  • 夏休みをとって、風の盆に、9/1,2,と、その後も、9日までの長期休暇。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.