熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

大又川のアユ釣りが解禁です。6月9日、天然遡上が」多いとのこと。

大又川アユ釣り20190611
今年も、大又川のアユ釣りが、始まりました。
熊野川の源流域の大又川が水がきれいで、アユが美味しいと評判のアユ釣りです。
解禁日直前の雨で、川が増水し、川床が綺麗になることで、釣りが出来るのかどうか、心配していましたが、アユ釣りの人々は、多く、川に入ったようです。
釣果の程は、新聞記事以上のことは知りませんので、梅雨空ければ、アユも大きくなって、楽しみが増えます。

6月6日、梅酒を作りました、ニンニクと玉ねぎ出荷。

20190606_161729

久しぶりの上天気です。梅も一定の大きさになってきたので、梅酒を作りました。
梅が2キロで、焼酎2本で漬けました。
我が家の老木の梅の樹は、今年も梅をつけてくれました。

また、この天気なので、ニンニク3個入りを14袋、玉ねぎ3個入を、33袋、出荷しました。

20190606_082831

20190606_082815

6月4日、県農業研究所から、「甘茶栽培への指導」に来てくれました。

20190604_133952

20190604_141146

6月4日、県の農業研究所から、二名の方が、「甘茶栽培指導」の為に、来てくれました。
午後一時に、待合わせポイントで、合流し、すぐに山に入り、甘茶の自生している場所に案内し、こちらの疑問点について質問し、それに答えてもらうという形でした。

山の甘茶は、花をつけていました。その限りでは、甘茶をすぐに見つけることが出来ました。
、初めての顔合わせで、また、具体的に作業が始まっていないので、実際の作業に沿っての指導という点では、今後の指導をお願いしました。不明な点について、「質問ー解答が期待できる」というのがあるのが、安心です。

当日、辻本さんが、「挿し穂」の「実物を」作ってくれました。

20190604_145656

いよいよ、15日からの作業開始です。
ギャラリー
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.