熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

お願い。消費税アップに伴い、宿泊料金の値上げについて。

4月からの消費税8%アップに伴い、利用料金の値上げをお願いします。
本来ならば、事前に決めて、その旨を伝えるのが常識なのですが、そのことを怠り、時間が過ぎてからの連絡で、誠に申し訳ありません。
小さな宿でして、8%分を負担する余裕はありません。少しでも、長く滞在してもらって、熊野での田舎暮らしを味わってもらいたいということで、利用料金をできるだけ、安くと思っていましたが、8%分を負担することは率直に言いまして厳しいです。値上げということになりました。なにとぞ、ご了解をよろしく、

       素泊まり、3,000円プラス消費税8%=240円。計、3,240円
       体験料理 夕食、1500円。朝食 500円 計2、000円プラス消費税8%=160円
       泊まり、体験料理合わせて 5、000プラス8%=400円、計=5、400円。

木が芽吹き、春が本格的に到来です。

DSCN1503

これは、グミの木です。昔懐かしのグミの木が芽吹きました。
三年前に田舎に戻った時に、まず、植えたものです。昨年は、約40粒ほど実をつけました。ほとんど鳥に食われましたが、
春の本格的到来を告げる姿です。
桜は、海側では、完全に満開です。山側のわが集落では、5分咲きから、七分咲きにとスピードが速くなってきています。梅の花は、完全に散りました。
タラの芽は海側では、もう旬が過ぎました。山側では、あと一週間ぐらい後かという感じです。
ワラビも海側では最盛期か、わが集落では、後一週間か、
鶯の鳴き声もだんだんと大きくなってきました。
冬場には姿を見せていなかった猿が、遂に姿を現したようです。まだ、私は現認していないが、わが家から、1キロほど離れたところに現われたようです。戦闘態勢に就かなければならないようです。
猟期が過ぎましたが、4・1から、「獣害駆除」での猟期が始まりました。猿を捕獲すれば2万円の報奨金です。
イノシシ、シカは9000円です。

DSCN1504

DSCN1505

庭に咲いてきた草花です。

3/30,紀勢道開通す。熊野は近くなった。

DSCN1506

3・30に紀勢道が、全通した。名古屋、東京からは、高速道路網と直結することで、熊野は近くなりました。
今回は紀伊長島ー海山間の開通で、これにより、伊勢道勢和多気ジャンクションから、紀勢道尾鷲北までが、全通し、尾鷲市街4キロほどが国道42号で、その後、熊野尾鷲道路で、熊野までが直結となった。名古屋から熊野までは、3時間以内でとなりました。
この紀勢道は、人と物の流れを大きく変えるということと、もうひとつの重大な役割は、緊急避難路や緊急輸送路としてである。予想される南海トラフによる「大災害時」に「孤立状態」が強制される、熊野ー東紀州の生命線としての任務があるのだ。
そのうえで、便利になった熊野への来訪時には、往路、復路、どちらかでも良いですが、熊野尾鷲道路利用ではなく、熊野ー尾鷲間は、国道42号の利用をお願いしたい。
矢の川峠や、清流大又川の流れは、見る価値があります。また、道の駅「鬼の国」には、紀州の特産品がりますので、ぜひお立ち寄りを、
ギャラリー
  • 山歩きの案内案を整備しました。20日、大峰の残雪は弥山のみ。
  • 山歩きの案内案を整備しました。20日、大峰の残雪は弥山のみ。
  • 山歩きの案内案を整備しました。20日、大峰の残雪は弥山のみ。
  • 今朝は、霜が降りました。地域の野菜市で、甘茶の試飲を提供
  • 今朝は、霜が降りました。地域の野菜市で、甘茶の試飲を提供
  • 山では鶯が鳴いています。コシアブラはまだ、芽が出ていません。
  • 山では鶯が鳴いています。コシアブラはまだ、芽が出ていません。
  • 山では鶯が鳴いています。コシアブラはまだ、芽が出ていません。
  • 山では鶯が鳴いています。コシアブラはまだ、芽が出ていません。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.