熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

12/15,市民会館で、第九の演奏会が開かれた。

DSCN0968
午後1時半から始まった。プロ、アマ混成の京都新祝祭管弦楽団と、ソプラノの小玉洋子、アルトの馬場眞子、テノールの松浦洋之、バリトンの落合庸平の各氏に、地元のコーラスグループの「べーレンコーア」、それに地元の中学生も加わって、音楽監督の湯浅篤史の指揮のもと、「第九」の演奏会が、会場を満員にして開かれた。
生の音を、聞くのはやはり、一味違うもので、その迫力は迫るものがあった。熊野には、本格的な大編成の名のある交響楽団が来ることは有り得ない中で、このような楽団が来てくれるのはうれしい限りだ。

熊野原木市場で、市がたつ

DSCN0967
熊野は山が深く、良材が出されるところ。12月に入って、30周年記念市が大盛況に開かれたと、地元新聞が報道している。
朝尾理事長は「30周年を迎えられたのは買い方の皆様や出荷者の皆様、これまで支えて頂いた組合員の皆様のお陰と感謝しております。今後ともご指導、ご支援、ご協力を」と挨拶で、セリがスタートした。記念市には直径92センチ・樹齢約250年の杉や、直径60センチ・樹齢約250年の檜など、約2000立法メートルが出荷された。この日の売り上げは約5600万、杉の平均単価は1万7178円、檜は約4万円、一本あたりの最高価格は、ケヤキが110万円、檜は良材で、30~60万、
朝尾理事長は「記念市に合わせて良材を出して頂き、全国から製材業者や仲買人の皆さんが来てくれたことはうれしい限り。40年、50年と、続けられるようにどりょくしていきたい」とはなしていた。そうです。
山の荒廃と、材木利用が減退している歴史をなんとしても阻止しなければならない。地方の危機は山と材木の復活が柱なのだ。

耕作放棄地で野菜作りをしませんか。

DSCN0901
DSCN0902
写真にあるように、集落では高齢化の進行で、耕作放棄地が広がっています。集落の人々は、この耕作放棄地の現実に深く傷つけられています。
この耕作放棄地を野菜作りに活用して欲しいと、願っています。
活用して貰えるならば、無償でもと言っています。かっては、丹精込めて野菜作りに日々、いそしんでいたかけがいのないところです。
田舎に移住する必要はありません。
自分の都合の良い時間を利用して、野菜作りと、熊野の自然を堪能することを同時に展開することは可能です。
作る野菜によっては、種まき、ポイント的に間引き、追肥、そして収穫と月の内数日あれば、十分です。
しかも時間はせいぜい、半日もあれば充分です。数日間滞在すれば、野菜作りと、熊野のを味わうことが両立します。
滞在費用も、数日でも、2万円あれば充分です。
2月から、土起こし、3月になれば、早ければ種まきが始まります。4月になれば、種まきがほとんどの野菜で始まります。
いつからでも可能です。是非、来て下さい。お待ちしています。
ギャラリー
  • 猛暑、炎天下の中でも、保育の作業が続いています。
  • 猛暑、炎天下の中でも、保育の作業が続いています。
  • 猛暑、炎天下の中でも、保育の作業が続いています。
  • 猛暑、炎天下の中でも、保育の作業が続いています。
  • 猛暑、炎天下の中でも、保育の作業が続いています。
  • 猛暑、炎天下の中でも、保育の作業が続いています。
  • 畑の様子です。この間の動きについて、
  • 畑の様子です。この間の動きについて、
  • 畑の様子です。この間の動きについて、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.