熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2/8,9,と檻が小動物に、遊ばれる。

DSCN1132
2/8,9と、二日間、檻の仕掛けが作動し、写真のように入り口の仕掛けが落ちていた。が、中には何も居ない。
猪と鹿用の檻です。
間伐材と竹で作った檻です。
誘引用の餌を捲いて、檻までひっぱてきて、中に、少し、好物と思われるものを入れて、中に入れて、仕掛けが作動して、入り口を閉じるという仕掛けなのだが、この二日間は、糠に、ミカンとさつまいもも加えて、待ったのだが、
朝、見に行くと仕掛けのロープが落ちているので、「これは!」と思って近付いたのだが、物音がせず、静かで、中を覗くと何も見えず、空だった。
中を点検すると、ミカンは食われたみたいだが、芋は外まで持ち出されているが残っている。また、足跡がほとんど着いていないのだ。
どうやら、狸かアライグマかなにか、小動物に遊ばれたようだ。
結局、二日間共だ。
雉やカラスが餌を食いに来るので、夕方、暗くなってから仕掛けをセットしてきたのだが、どうやら、小動物の格好の餌場になったようだ。
が、あきらめず、誘引餌を捲き続けるしかない。

2/8,雪の重荷で、獣害用ネット倒壊す。

DSCN1133
2/7夜からの雪に途中から雨も加わり、獣害用ネットに積もっていた雪がその重さで、ネットを潰してしまった。
ここは、高地であるが、凍結はあっても雪はほとんど降ることもないので、全く想定していなかった。
朝起きて、戸を開けると、見事に雪の重みで潰れているネットを発見。
ジャガイモ用にと準備していて、堆肥を投入する予定であったが、ネット再建が必要になった。
雪を想定していなかったので、柱は竹で作っていた。ネットは漁網でしっかりしているので、破れないので、雪の重みが柱の竹を引き落とした。猿用なので、天井部分も竹を桟にして、ネットを這わせているので、降り続いた雪が全てネットの上にそのまま、残って、その重荷でネットが桟の竹を壊し、柱も引きつぶしたのだ。
今日、10日は、このネットを再建がまず第一の仕事となった。その後に、堆肥の投入だ。ジャガイモは10キロ、全てキタアカリを植える予定。

梅の咲き具合で見る、海=浜側と、山側=我が集落。

DSCN1118
DSCN1128
2/2,花の窟の「お綱かけ神事」の後、少し車を走らせていると、梅が咲いているのを発見。
花が咲いているのは海側の道路沿い。早いのだ。我が家の梅の木はつぼみも見えにくい位なのに、
下の写真は我が家の庭の梅の木です。
二枚並べたのは、季節を二度味わえると言うことを実感して貰いたいためです。
車で、十五分の距離です。海側の標高は20メートルで、我が集落はの標高は300です。
佐田坂を一気に駆け上がるので、季節が二度体験です。トンネルの真ん中で、氷が出来るかどうかが決まるのです。
ギャラリー
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 山で、山アジサイに、雑草を抑えるためのおが屑を入れる。
  • 山で、山アジサイに、雑草を抑えるためのおが屑を入れる。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.