熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

20日、熊野原木市場で、天然檜に一本500万の値がつく。

DSCN1674

DSCN1675

20日開かれた、熊野・飛鳥の「熊野原木市」は、樹齢200年以上のヒノキをはじめスギやケヤキなど2500立方の木々が並んだ。
熊野産天然ヒノキは樹齢250年を超える、長さ8メートル、直径76センチで、500万の値がつけられて落札された。
この日は、たくさんの良材が出されたとのことで、活況だったとのこと。
これは、吉熊新聞からの抜き書きです。

昨日、大慌てで、ジャガイモの芽かきに、ダイコンの間引き。

DSCN1671

昨日4/22、二日ぶりに雨が上がったので、畑に入る。
ジャガイモが、急に大きくなってしまっていて、芽かきの時期を逸してしまっていたが、そのままにしておくと、小さな芋になってしまうので、大慌てで芽かきする。
案の定、ジャガイモの芽は固く土に根を張り、なかなか、搔けない。
とにかく、二本ぐらいにしなければと、必死で、引っ張る。相当の力を入れるも、途中で切れて仕舞う。
また、切れ端を掴んで、なんとか引っ張り出そうとする。
そんなことの繰り返しで、約、120本の芽かきを終えました。
下の畑に移動して、ダイコンの間引きをする。
先日、間引いたダイコンよりも10日ほど遅れて種まいたダイコンで、ベタがけをしていたのだが、想定よりも,速く大きくなっていたので、間引く。
ベタがけだから、太陽の力が弱いので、ひょろひょろ的だった。柔な感じだ。
とにかく、間引いて一本立ちにした。太陽にあてるためにベタは外した。
間引いたダイコンは、早速塩を振りまいて浅漬けにした。間引き菜の浅漬けは美味い。作るものの特権だと思う。

DSCN1672

希望と期待が持てる市議選結果、4/20開票結果。

DSCN1669

DSCN1670

4/20,熊野市市議選の投票と開票が行われ、新しい市議が誕生した。
市議選開票の結果、新しく誕生した市議は、希望と期待のもてる結果であった。実にうれしいことだ。
我が集落からは、3人が立候補し、全員が当選した。今回の市議選は定数2減で争われ、現職2名が落選し、新人4名が当選した。その4名の新人の内、2名が我が集落=飛鳥町から立候補した人たちだった。
昨年秋に、当選した、河上市長の歴史的な使命が命脈が尽きようとする中での今回の市議選は、新たな市政を準備するという点では大事な選挙であった。今までは、中田征治氏を除けば、全て市長派という構成であって、全く希望が持てなかったのだが、今回は、中田氏以外に、端無徹也氏という新人が加わり、地域興しという点ではプランを持つ、市職員だった、久保智氏が加わることで、新しい風が吹くことが可能になったのだ。
東南海トラフによる大地震と津波という非常事態に対処できる強力な地域体制の構築が待ったなしに問われており、また、過疎化の進行による地域の崩壊の危機の進行という事態に真正面から対決する抜本的な対策が求められている中で、地域の人々の真の力を引き出すことが出来るかどうかが問題なのだ。
今までのような、市と市議会、地域住民の関係は全面的に変革が求められているのだ。今回の市議選結果は、そのための一歩が始まったといえるのではないかと思う。
ギャラリー
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 挿し木苗610本を植え終わりました。移植した株が、花が咲きだしました。
  • 5月25日から、挿し木苗を植え始めました。移植した株は、草との戦争中です。
  • 5月25日から、挿し木苗を植え始めました。移植した株は、草との戦争中です。
  • ライブドアブログ
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.