熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

3/23の体験料理の夕食は、鹿肉のすき焼き。

DSCN1465

東京から、来ているお客さんは、三日目。
朝から、二人は、本宮大社と湯之峰の散策に出かけ、夕方4時頃に戻りました。
熊野市紀和町を越えてからの本宮への道=311号は、狭いところに、道路工事が続いているので、対向車をかわせないので、途中で何度か、バックがあったみたいだ。
湯之峰では「壺湯」に入浴できたとの事、「壺湯」は、湯之峰に来た限りは入るべしで、風情のある湯なのだ。
本宮では、元の大社跡も廻ったようです。
この日の夕食は、鹿肉を、ニンニクとタマネギですき焼き風に味付けたものがメイン。
鹿肉は、先日、鹿を捌く実地研修をしてくれた辻本さんから当日に頂いたもので、美味しい肉での料理です。
お二人には好評でした。

昨日(3/23)の朝も、霜で真っ白、そして、氷が張る。

DSCN1463

朝、戸を開けると、一面が真っ白だった。昨日(3/22)よりも、霜が多く降りている。彼岸の中日が過ぎたのに、
そして、氷りが張られている。本宮大社ー湯之峰方面に出かけるお客さんに貸す車の窓ガラスも真っ白で、お湯をぶっかける有様。
お客さんがいない合間を使って、畑仕事を計画するが、仕事始まりが、10時過ぎになってしまった。
そんなに温度が上がらずに、終日、寒いと感じる日になってしまいました。

夕食の体験メニューはサンマ寿司とワラビの煮物。

DSCN1458

DSCN1459

DSCN1460

DSCN1461

22日は、「蕗の薹、ユキノシタを中心とした野菜の天ぷら」と「刺身」だったが、23日のメニューは、写真にあるようなメニューでした。
熊野に来て頂いた以上はやはり、さんまずしは欠かせません。本来ならば家で寿司ネタを作っておくべきだったのですが、うまくできず、出来合の寿司ネタのサンマを買ってきて、これで作ったものです。
ゼンマイは昨年の春に採ったものを戻して煮物にしました。やはり、ゼンマイは山菜の横綱クラスです。
おからも、田舎料理です。そしていなり寿司も作りました。
朝は、サンマの丸干しと漬け物、あじの干物と漬け物です。
ギャラリー
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.