熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

3・17,三重丸ごと自然体験フェアーに出店。

DSCN9041


今年で、2回目のフェアーが開かれた。今年も、こちらも「三ツ口山に親しむ山遊びの会」として出店。

三重県内の自然体験を担っている数十の団体がそれぞれの特徴をアピール。

こちらは、写真展として、パネルを展示。と同時に、甘茶の試飲も提供した。全体の参加者総数は、主催する三重県が2300名参加とは発表した。

こちらの展示会への注目が思っていた以上に反応がありました。「本物の山づくり」「本物の山遊びが出来る山」という呼びかけなので、「何が!」よ興味を引いたようでした。準備にはほとんど時間を割くことが出来ずだったので、相当の手抜き内容だったので反省です。

甘茶の試飲も想像以上で、100人以上の人が試飲しました。これも100人分しか用意してなかったので、甘茶に対しても皆さんが「甘くておいしい」という感想でした。そして、どうしたら手に入るのかとの質問も数多く寄せられました。来年はもっと工夫して、より多くの人に立ち寄ってもらえるようにしたい。

出店している各団体の人々と普段は顔も合わせていないのですが、この日は、結構いくつかの団体の方と触れ合うことが出来ました。この点でも出店してよかったです。

DSCN9035

梅が満開、グミが芽吹き。大根、カブなどの種まきが完了。

DSCN9026


庭の梅の老木が一気に満開になりました。数日前までは朝は霜が降りているのが当然だった気候が、この間の暖かさで春が始まった感じです。グミも芽吹き始めています。

DSCN9031

13,14日の二日間で、ダイコン、カブ、ホウレンソウ、小松菜、水菜の種まきが完了しました。

DSCN9027

DSCN9028

このバケツは、谷から水を運んできたものです。畑に直接には水が引かれていないので、その都度、谷から水をバケツに入れて運びます。これは結構、重労働です。いつまでこの作業が続けられるのかが問題です。
運べなくなったら、もう野菜づくりは撤収です。現在75歳。後5年続けられるかどうかだ。

昨日(10日)、ジャガイモの種芋を植えました。今朝は霜が降りています。

DSCN9007


10日午後から、キタアカリを植えました。

春の最初の植え付けです。いよいよ、野菜作りシーズンの幕開けです。この後、ダイコン、カブ、ホウレンソウ、小松菜、水菜の種まきで、4月末から連休にかけて、すべての種まきとなります。その間に、堆肥投入、元肥入れ=畝立てや、草引きがありますが、


今朝は、霜が降りていました。日中は15度を超える暖かさですが、夜は天気が良いほど、冷え込むようです。

DSCN9008

我が家の老木の梅が5分咲の様です。

DSCN9005

昨年の秋に半分に割れてしまい、残ったのが、3分の一ほどですので、梅酒や梅干づくりが出来るかどうかが心配です。

DSCN9006

ギャラリー
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.