熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

甘茶の挿し木苗は、4738本になりました。8月1日現在。2,3日と、甘茶の特定作業です。

20190803_094737

20190803_094653

20190803_094639

20190803_094535

写真の写りが悪いようで、何がポイントなのかが不明のようですが、赤いテープが巻かれている所が、甘茶の挿し木苗用に、特定したところです。

場所は、山の中段以上のところです。
中尾根の北側斜面になります。

梅雨明け10日が、好天続きなので、28,29,30,31,8月1日と、甘茶の剪定作業で、6月以来、確保した「挿し木苗は、4738本となりました。
暑い日が続くので、挿し木苗づくりには、厳しすぎるので、2日、3日と、二日間は、今後の挿し木苗を確保するために、新たな場所での特定の為に動きました。

場所は、急峻な現場です。上に上がるのは、何とか上がれるが、降りることが難しいところです。この辺りは、「保育として、剪定作業」が、行われている場所なので、甘茶も、挿し木苗としては、、良いものが多いです。
目標18000本のためには、9月、10月も、必死に頑張らなければです。

アブと蜂が、ずっと、へばりついて、隙あれば狙っています。とにかく、しょっちゅう、休むことなく、体をたたいて、追い払うに必死です。
2時間続けると、さすがにへばります。
次の剪定作業は、8月21日からです。

遠く、大峰の山々です。

20190803_094512

梅雨明け10日の晴れ間を活用して、29,30と甘茶の剪定作業です。

20190729_091955

20190730_091101

梅雨あけは、「古典的な、梅雨明10日を復活の様相で、向こう10日間は晴れ」となっています。
ここが、稼ぎ時です。
29日は、二人で、5箱、180本。生葉が3,3キロ。
30日は、同じく、二人で、9箱、324本。生葉では、3,1キロでした。
場所的には、ほとんんど、同じところなのですが、甘茶の生育に微妙な違いがあるために、「挿し木苗に適した枝があるかどうかで、本数に差が出ます。
たくさん、確保できるのは、有難いのですが、その日の後の作業との関係では、、労働強化として、跳ね返ってきます。

山での剪定作業が終われば、加工所まで戻ります、。ここで、「挿し穂を選んで、挿し木苗を作り、プランターに挿して、それを圃場に運んで、設置し」ます。本数によって、1時間ぐらいの違いは、当然です。
また、挿し木苗づくりが、終われば、生葉を整理して、茶揉み機にかけて、揉んで、そのあと、乾燥の作業です。

20190730_113854

晴れが続くと、乾燥も、その日の内に完了します。

この朝から、剪定作業から、最後の乾燥作業までの、一連の作業は、朝6時から、夕方5時ごろまでです。時には夕方6時になる時もあります。

山に自生している甘茶を活用するという事業は、おそらく、日本では、ここだけのことだと思います。
素人が、手引き書もないなかでの、手探りの作業です。
皆さんの知恵を力を貸してください。

台風一過、甘茶の剪定作業、再開です。7月28日。

20190728_091254

梅雨明けだと思っていたら、26,27と台風接近ということで、山での剪定作業は出来ずで、28日に再開となりました。
台風は、小型ということで、目に見える範囲内では、被害が無さそうでした。
が、台風は、27日朝、熊野直撃ということで、「何十年ぶり」に、「台風に目」を体感しました。
子供時代は、夏の終わりごろから、秋の初めのには、台風が来るのが当たり前で、その時は、「台風の眼」をいつも体感していました。「カラッ」と晴れあがり、その時に、「台風の被害」を確認するのが、集落のみんなの仕事でした。
今回の「台風の眼」は、小さくて、実感が少なかったです。朝7時、こちらは、もう台風が過ぎたと思って、外に出ると、雨がやんでいたので、「あー、台風が過ぎている」と思っていたのですが、丁度、7時が熊野に上陸した時だったようで、雨がやんでいたのは、台風の眼だったようです。

28日は、朝7時集合で、3人で山に入りました。台風で谷が増水しているので、渡れるかと心配しましたが、どうにか、渡れました。

20190728_103815

30分後に剪定現場到着で、10時半まで、作業を続けました。今日は、辻本さんの愛犬の「ハナ」も一緒です。

20190728_091304

20190728_091306

20190728_091401

20190728_091439

この日は、雨があがり、陽が強かったです。

20190728_091508

大峰の山々も遠望できました。

20190728_091502

この日は、プランター13箱、468本の挿し木苗で、生葉は、4,1キロの収穫でした。
当面、晴れが続きそうなので、続けます。
が、この暑さの中での「挿し木苗づくり」は、教科書にはありません。が、法律では禁止ではないようなので、挑戦です。

ギャラリー
  • 甘茶の株分け予定の圃場にネットを張る。
  • 甘茶の株分け予定の圃場にネットを張る。
  • 11月5日、初霜が、車のガラスが凍結していました。
  • 11月5日、初霜が、車のガラスが凍結していました。
  • ”広葉樹の山すごいね”と、子供たちが!三ツ口山で学ぶ。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.