熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2014年05月

今朝も出荷。ダイコン、ニラ、そら豆、実エンドウを。

DSCN1906

今朝(5/30)、JAの直売所に出荷。
ダイコン、ニラ、そして、今年初のそら豆と実エンドウも。
そら豆と実エンドウはバケツ一杯の収穫だったのですが、隣近所に気前よく分けたので、出荷は少なかったです。
そら豆は一袋、皮付きで500グラムで、100円でした。8袋だけでしたが。朝の内に完売でした。
実エンドウも、500グラムで一袋、100円で、これは残ったのが一袋だけだったので、完売です。
明日も、明後日も出荷予定です。
ウナギの仕掛けを引き上げるときと同じ時間帯での収穫、水洗い、積み込みとなるので、結構、忙しいのです。 

ニンニクの収穫を始めました。(5/30)。

DSCN1905

昨日から、ニンニクの収穫を始めました。
晴れが数日続くとの予報なので、葉が枯れ始めてきたので、収穫を始めました。
何故か、今年のは小さいのだ。
それなりに大きいのは数えるぐらいだ。
今日も、収穫し、そのまま、畑で乾燥させます。
明日は、昨日分を一部、出荷します。黒ニンニクも作るつもりです。
数はあるのですが、小さいので、売れるかどうかが心配です。ただ、熊野は暖地なので、ホワイト6片を作っているところが少ないので、そこが救いなのですが。

今年、初めてのウナギを獲りました。

DSCN1907

今朝、(5/30)、昨日、仕掛けたのを見に行く。
と、その内の一つにウナギがかかっていた。小振りだが、腹は黄色い天然物の姿を見せています。
まだ、水は冷たいので、この間は「もどり」を仕掛けてきたがなかなかかからないので、昨日は、はじめて針と糸を使っての石に仕掛けれることで獲れました。昨年の今頃では、7匹ほど確保していたことと比べれば大分成績が悪いです。
かかった石は、昨年にも最初に獲れた石と同じものです。
この石が、ウナギにとっては住み心地が良い石のようです。
これからピッチを上げて頑張ります。
是非、この大又川でのウナギ漁に挑戦して下さい。

トイレの水洗、完成しました。

DSCN1903

5/29,トイレの水洗の設置が完了しました。
これで、トイレが、誰でも気軽に利用出来るようになりました。
「くみ取り方式」という旧い田舎の暮らしが無くなりました。
農家民宿を利用して貰うための一つの懸案が解決して、ホッとしています。
次は、間伐材利用の丸木小屋の建設です。間伐材を皮むいて、運び込むという作業は大変なので、今のところ、確たる完成時期は明言出来ませんが、できるだけ早くというのが望です。

トイレの水洗が動きだした。000000000000000000000000000000000000000000000000

DSCN1902

今日の夕方から、トイレが水洗になりました。
とりあえずの仮設置なのですが、水洗での用足しが出来るようになりました。
工事の完成は、今月末の予定ですが。
たくさんの機能を持ったトイレではありません。非常にシンプルな機能しか持っていません。
が、とにもかくにも水洗になりました。
お客様には負担をかけないものとしての始まりです。
ギャラリー
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • ウドとタラの実を種として確保。
  • 大根、白菜、秋ジャガ、今の所、順調みたいです。
  • 大根、白菜、秋ジャガ、今の所、順調みたいです。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.