熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2014年06月

今朝(6/26)、ナスとピーマン・シシトウを初取りしました。

DSCN2001

DSCN2002

今年の初取りです。
まだ小さいですが、始めの時には、小さいときに早く採ることで、次からの大きいものを採るためとのことですので、思い切って採りました。
初夏の旬のものという処では、キューリとチシャも同時に収穫してきました。
これからは、このものたちを毎日収穫という事になるでしょう。
特に、キューリは、料理の使い道が少ないので、消化に追われます。

DSCN2004

DSCN2003

今朝(6/26)、ウナギがかかっていた。

DSCN2000

今朝、前日に仕掛けたウナギの仕掛けを回収に出かけた。
延縄の流しに小さいウナギが一匹。これは、今年放流したと思われるもので、川に戻す必要があるような小さいものです。
もう一つは、岩に仕掛けたもので、これは少しは大きいです。
もう一つ、岩に仕掛けたものに、ナマズ、=ギギがかかっていた。このナマズは、蒲焼きにすれば結構美味しいのです。難点は小さいことです。
今年は、昨年よりは大分成績は悪いです。
なんだかんだと忙しいので、我が家の下の処以外には、出かけていないのでしょうがないのかも、
ウナギが獲れそうな処を求めて、遠征する必要があるのでしょう。

梅を10キロ強、収穫し、梅酒と梅干し作りを始めました。

DSCN1998

昨日(6/25)朝から、梅を収穫。が、まだ、大分残っています。
約10キロ強です。
梅干しは、このごろ、我が家ではあまり食べないので、残ってきています。梅酒は、知人や農家民宿を利用してくれる人に分けるので、残ることはありません。梅酒は年数をかけるほど味が良くなるのですが、一年もので売れきれと言うところです。
今年は、梅酒用には4キロ、ホワイトリカーで4リッターです。
梅干しには4キロです。
余った梅4キロは近所の人に貰って貰いました。
まだ、梅の木には2キロはあると思う。
これを梅酒用にすることを考えています。

庭のアジサイの色が一段と濃くなった。クチナシの白い花が咲きました。

DSCN1997

庭のアジサイの色が一段と濃くなりましたので、カメラを向けました。庭のアジサイは、もう一つありますが、この方は小さくて、まだ花が咲き始めという処です。
もう一つ裏側にもありますが、これはもう、満開を過ぎています。崖の上にあり、裏のテラスが邪魔して見えません。

DSCN1999

庭にあるクチナシの花が咲きました。
「渡哲也の世界」です。
一本の木だけで、手入れもしていないので、あまり綺麗ではありません。
「白い花」を、鑑賞して下さい。

地元の小・中学生が、新鹿海岸の清掃をやってくれました。

ブログ新鹿20140625_0001
6/21に地元の新鹿小と中学が、新鹿海岸の清掃活動をしてくれました。
まもなく、海水浴シーズンを迎える、日本でももっとも綺麗な海水浴場の一つである新鹿海岸の清掃が子供たちの手で行われました。
このことを報道した地元紙の「吉熊新聞」を、コピーしました。
ギャラリー
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、株分けでの植栽は、10日現在で、850本を越えました。
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
  • 甘茶、600本を株分けで植栽しました。12月6日で、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.