熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2015年04月

昨日(4/28)、トマト、ナス、キュウリ、ピーマン、シシトウの苗植え。

DSCN3940

DSCN3941

DSCN3942

4/28(昨日)、午後から、畑での作業で、
ピーマン、シシトウ各14本、トマト8本、ミニ2本、キュウリ4本、ナス18本の苗植えができました。
ホッとしています。
トウモロコシ、スイカ、カボチャの種まき、里芋、ショウガの種芋の植え付けと、まだまだ、作業が残っています。

ダイコン、カブの間引きや、ニンニクの芽を摘む作業、そら豆や実エンドウへの鳥用のネット張りなど、作業はこれからますます忙しくなりそうで、身体だが幾つあっても足りません。
それでもこの期間は、月が出ているので、ウナギ捕りが出来ないので、何とかなりそうですが、

ウナギ放流、アユ放流の新聞記事を紹介します。


DSCN3938


DSCN3939

畑では、ジャガイモの芽掻き、そして、苗植えと種まきの準備完了です。

DSCN3932

畑では、この間の晴れ続きで、作業は遅れを取り戻すのに必死です。
ジャガイモの芽掻き、ダイコン、カブ、ほうれん草、水菜、小松菜の間引き、そして、ナス、キュウリ、トウモロコシ、スイカ、ピーマン、オクラ、里芋などの元肥入れと、結構、頑張ってなんとか、28,29の種まき、苗植えの準備完了というところです。
ダイコン、カブ、水菜、小松菜などの間引き菜は美味しいです。この時は、作っている自分をほめてやりたくなります。

田植えが、真っ盛り。4/25,26から、連休中も。

DSCN3928

DSCN3935

4/25,26と、ここ大又川流域の田んぼでは、田植えが真っ盛りです。
家族総出の作業です。
これから、連休には子供たちも応援に駆けつけての田植えです。
この田植えが、基本的には、連休中で完了して、連休明けからは茶摘みが始まります。
DSCN3937

昨日(4/24)、大又川にウナギを放流しました。今年は昨年のほぼ倍でした。

DSCN3925

昨日(4/24)、午後から、待望のウナギの放流が行われ、この作業を手伝いました。
この日にウナギの放流をやるとの連絡を大又川漁協の事務長の更家さんから貰って、朝の内のアユの放流に続いての連続作業でした。
市が、(ウナギ文化を絶やさない)と言うことで、毎年放流し続けているものです。
ウナギは成長に時間がかかり、およそ、7~10年ほどはこの大又川で生き続けますので、放流しても実際は大又川で育っていく天然ものです。
その点では、養殖物とは雲泥の差です。

この日は、空路ー宅急便ということで届いたウナギを市の職員が来るまで運んできました。
ポリ一袋に約200匹が入っていて、それが全部で9袋で、1800匹です。
昨年は1000匹だったので、ほぼ、二倍です。シラスがたくさん採れたので多く確保出来たようです。

この9袋を大又川流域の9ポイントに一袋ずつ流しました。
ウナギは元気で、ポリ袋の中でも元気に動いていました。

DSCN3926

川に入れたウナギは結構大きいものでした。15センチの長さのものというのが基本との事でしたが、中には30センチほどのものも入っていて、もう獲っても良いのではないかというものもありました。

川に入れたウナギは水が冷たいと感じたのか、ほとんど動かずと言う状態でした。その内に徐々に動き出しましたが。その点では稚アユとは全く動きが違いました。

DSCN3927

これが川に入れた直後のウナギの姿です。

これが、2年、3年と経てば美味しい天然ウナギとなっていくのです。

今、日本でこのように川にウナギを放流して、(ウナギ文化)を継承している地域は少ないと思います。
本当に希少価値があります。
しかも、このウナギは誰でも獲ることが出来るのです。許可も必要もなく、川を愛する人ならば誰にでも解放されています。
誰でも簡単に獲れるという訳にはいきませんが、夢とロマンがあります。
挑戦するだけでも楽しいことです。
その点では、この大又川流域のウナギ放流事業は本当に価値ある文化です。
前日の午後から、餌を確保し、仕掛けて、翌朝、朝露を踏んで引き上げに行くという作業は、本当に得難い体験です。
うまくいけば、ウナギの蒲焼きにありつけます。
ギャラリー
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 今日(12月6日)、12月10日の山歩きの為に、道の点検と整備をしてきました。
  • 今日(12月6日)、12月10日の山歩きの為に、道の点検と整備をしてきました。
  • 今日(12月6日)、12月10日の山歩きの為に、道の点検と整備をしてきました。
  • 今日(12月6日)、12月10日の山歩きの為に、道の点検と整備をしてきました。
  • 今日(12月6日)、12月10日の山歩きの為に、道の点検と整備をしてきました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.