熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2015年05月

6/16から、コンビニで、宿泊料が半額になる「三重の旅、プレミアム旅行券発売。

DSCN4102

国の補助事業で、三重県が「みえ旅プレミアム旅行券」を18万枚発売です。
一枚5000円券で、2500円で購入できます。
宿泊料金が半額になるということです。大手旅行予約会社、「るるぶ」「楽天」「じゃらん」が販売会社で、このルートに載らない宿泊所はコンビニでの購入となります。
こちらの農家民宿ではこのコンビニです。6/16発売で、ローソン、セブンイレブン、ファミリマート、サークルKなどです。
この券を利用すると5000円券が2500円の購入なので、宿泊代金が半額になります。
二人、二日利用ならば4枚のチケット購入となります。
発売以降、3ッカ月以内の利用と言うことになっています。9月に二回目の発売が予定されていますが、枚数が少ないと言うことです。
問題は、この販売枚数が少ないと言うことです。コンビニ分が2万枚です。
これを例えば一万の旅館で使うとしたら、一人二枚で、二人で二日利用であれば、8枚の購入となりますので、二万枚と言っても実際に買えるのは、1000~3000人ということになりますので、即日、瞬時に売り切れと言うことがあるのではないかと思います。
こちらの民宿では、2人二日利用では、4枚購入と言うことです。2万円が1万で済むと言うことです。
ご予定を計画して、ご利用をお薦めします。

6/21、「豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」の記者会見。

DSCN4101

一昨日、「6/21、豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」の記者会見を開きました。
初めての記者会見でした。
チラシを使いながら、集いを紹介しました。
このチラシは、県や市の玄関口のイベント紹介の棚に置きました。
是非、皆様のご参加をお待ちしています。 

5/28,大阪のご夫婦が利用してくれました。

DSCN4100

5/28、大阪のご夫婦が夕方4時過ぎ着で、我が民宿に来てくれました。
大阪から、和歌山周りで、田辺経由でR311を通って、丸山千枚田を見た後、到着でした。
夕方6時から、丸木小屋で囲炉裏を囲んでの夕食です。
大又川のアユや、畑で採れたばかりのそら豆や、タマネギ、そしてニンニクなどを食材にしてのバーベキューです。
一緒にお酒を飲みましょうとの言葉に甘えて、夜の10時過ぎまでの楽しい時を過ごしました。
翌朝は、天候は不安定でしたが、雨も少しだけ降っただけでした。
川をみたいと言うことで、大又川の川を案内し、松本峠にも上りたいとの事で、新鹿海水浴場、波田須の「徐福の宮」と「鎌倉時代の石畳が残る古道」を少しを歩いた上で、松本峠の入り口まで案内しました。

今朝、タマネギ84個14キロ。ダイコン17本、28キロを出荷

DSCN4098

今朝、jaの直売所に出荷。
タマネギを一袋500グラムで3個入りで100円、これを28袋出荷で、総計84個、14キロだ。

DSCN4097

DSCN4099

ダイコンは、1,2キロが一本100円が一つ、1,4キロが120円で9本、1,6キロが130円で2本。1,8キロが140円で4本、2キロが150円で2本。計17本で、28,2キロです。
まずまずの出来だと思います。

6/21「100年計画の人工の自然林造り」1周年記念企画のチラシです。

DSCN4095

DSCN4096

6/21の企画の正式名称は「豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」としました。チラシについては、希望の方にはメールで送らせて貰います。
企画のポイントは4つです。
一つは、山アジサイの観賞です。
  地元の五郷の小学校の子供たちが「環境保全体験学習」で、毎年、数年かけて植えたもので、20数種類
  、約千数百本が、100メートルの道の両岸に植えられていて見事な花です。見応えが、また、カメラの格好の
  ポイントです。

二つ目は、
  幻の、隠れた天然健康飲料・健康食品の甘茶の体験です。
  砂糖の普及で消えた形になっていて、現在では、岩手県九戸村と長野県の一部だけでしか生産されていま
  せん。特に岩手県の九戸村は「地域おこしの商品」として、研究・開発・生産・販売と頑張っていて、甘茶に
  ついては、先進地域としてあります。
  今後、大いに研究され、活用されるべきものです。
  三ツ口山では昔から、甘茶が自生していますので、是非、一度体験して、ビックリして下さい。

三つ目は、
  新しい山作りを進めている辻本さんを中心にして「山についての論議」です。
  これは、今後、日本の山造りの在り方を模索ものになると思います。
  昼食として、熊野川の源流域の清流=大又川のアユ料理と、三ツ口山の山菜料理を食べながらです。
  大又川のアユ漁の解禁日は6/14です。獲れれたての新鮮なアユです。大又川のアユは放流と天然の二
  つがあります。

4つ目は、
  新しい山造りの現場見学です。
  4000メートルの防御柵と木の実を種としての植生、もう芽が出ています。柵と新芽を見て、新しい山造りの現  
  場を知って下さい。

参加費用は1000円です。申し込み締め切りは6/15です。
東京からでは、往復夜行バスが、
大阪・名古屋からでは日帰り可能です。   
ギャラリー
  • 昨日(12月10日)、三ツ口山の山歩きは、6人で歩きました。
  • 昨日(12月10日)、三ツ口山の山歩きは、6人で歩きました。
  • 昨日(12月10日)、三ツ口山の山歩きは、6人で歩きました。
  • 昨日(12月10日)、三ツ口山の山歩きは、6人で歩きました。
  • 昨日(12月10日)、三ツ口山の山歩きは、6人で歩きました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
  • 山アジサイの際におが屑で、草の繁殖を防護、落ち葉を集めました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.