熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2015年07月

7/24,25と親子連れで紀州に、二泊してくれました。

DSCN4391

DSCN4393

梅雨明けの晴れになったところに、親子連れで、紀州にも来てくれました。
タイで暮らしているかたが、三歳半の男の子を連れて、夏の一ヶ月の休暇で、子供に日本の自然に親しんで欲しいと、日本のあちこちを廻ると言うことで、こちらを利用してくれました。
まだ、3つなので、元気な子供でしたが、山や、川にひとりで入るにも無理があるようで、湯ノ口のトロッコに乗ったり、また紀伊長島の「紀北の灯籠祭り」などを廻られたようです。
25日は朝から大又川に一時間ほど遊んだようです。
もう少し、大きいと自然のなかで遊べるようになるのでその時が楽しみの子供さんでした。
この後は、本宮から太地、湯浅から岡山へそして最後は九州とのことでした。

8/24から、やっと梅雨明けで、晴れが続いています。トウモロコシの収穫



DSCN4389

DSCN4390

7/24から、晴れ続きです。やっと梅雨明け本番です。梅雨明け10日の始まりです。
この日は、トウモロコシの収穫です。丁度、この日は「お日様コーン88日」目でした。
カメムシが取り憑いてどうしょうも無い状態でしたが、なんとか食べる状態でした。

まだ、川が増水中で、川に入れないようです。
畑の草取りが、待っています。このまま行けば秋野菜の植え付けの準備が出来ないので、なんとか間に合うように頑張らなければなりません。

8/7,8,9、連続的に、「森林空間活用林」の山見学会です。

DSCN4357

DSCN4355

地図が見えにくいですが、熊野・五郷、湯ノ谷の「三ツ口山」の地図です。
グーグルマップで、再確認して下さい。
枠取りをしているところが、45町歩の三ツ口山です。
左側の枠内が、約10町歩の「紅葉樹の山」です。右側の35町歩程の部分が、始められている「100年計画の人工の自然林造り」の山です。
三ツ口山の上の部分は、伐採されている山の姿です。
写真では、緑が鮮明には出ていないので、わかりにくいですが、右と左では、明白な違いがあります。
左側の10町歩の山も、元々は伐採された禿げ山でした。
が、15年前から、辻本さんの手で、「広葉樹の山造り」が進められてきて、今では一定の成林した山になり、どうじに、下層植生として、様々な山菜も植えられ、育てられ、今では小動物や、昆虫たちも集まる山菜の宝庫です。
地元の五郷小学校は、「環境保全体験学習の場」として、利用しています。
6/21の「集い」を一つの区切りとして、辻本さんは、「100年計画の人工の自然林造り」の山造りに専念したいから、この成林した部分の山を、「森林空間活用林」として、全ての人々に開放し、山の恵みを楽しんで貰いたいと言うことを決断しました。
そして、この「森林空間活用林」の管理運営を「三ツ口の里山を守る会」の任せるとしています。
「守る会」では、この辻本さんの提案を受けて、準備を始めています。
8/23には「守る会」の総会で、この「森林空間活用林」の具体的な内容を検討することにしています。
その為に、「現地見学会」を、8月7,8,9の三日間連続的に開くことを決めています。是非、多くの人の参加を呼びかけていますので、よろしく、
朝9時現地山小屋に集合で、昼食持参で、夕方3時頃までの予定です。
山本来の姿が見れます。そして、この山をみんなで楽しむための様々な行動や研究を企画していきたいと思っていますので、是非、山に、
なお、「守る会」入会希望者は、参加費は無料ですが、そうでない方は、参加費として、ひとり500円です。
詳しいことは、「守る会」事務を担当している、「農家民宿やまもと」 まで問い合わせて下さい。

昨日(7/20)、賑やかで、実に楽しいハワイアンの宴会。

DSCN4370

DSCN4377

昨日は、連休で休みとのことで、田舎の友人達が集まって、ハワイアンの踊りとウクレレの演奏会も含めて、実に楽しく、また愉快な宴会の一時を持ちました。
夕方の4時頃から、まだ、陽が差してきて、熱いという時間から、宴会の開始です。
フラダンスとウクレレ演奏で、座が豊かで、賑やかで、実に楽しい演出もあって、盛り上がりました。
参加者を限定していたので、もったいない集いでした。
我が家の丸木小屋も、こんな形で、利用されて、嬉しいです。

7/19,大阪の家族連れが利用してくれました。

DSCN4354

昨日、台風が過ぎた後に大阪の若い親子4人で、遊びに来てくれました。
7/18,19と連泊予定で、ウナギ釣りに挑戦したいと言うことで、予約されていたのですが、台風で、川が増水で、無理だということだったので、今回は「無し」にしたらといったのですが、一泊だけでもしますということで来てくれました。
この家族は自然が大好きで、海、川にどちらでも対応出来るように準備して熊野に来てくれています。この日も、ウナギ用に「ミミズ」を自宅の近くで確保して持って来ていました。結局使えないので、こちら用に貰いました。
大又川の「ウナギ釣り」に挑戦すると言うことで、8/1,2にまた来ると言うことです。
ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.