熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2016年01月

三ツ口山の「100年計画の人工の自然林造り」では勢力的に毎日作業が続いています。

DSCN5444

15日に、山歩きの標識を設置するために山に入りました。
辻本さんと森田さんは、朝早くから作業に入っていました。
この日は、防護柵強化の為にアングルを山に運んだり、また、「除草剤の荷揚げ」の作業をやっていました。
昨年末から始めていた「補植」の苗木植えが、1/12に完了したそうです。
急峻な山で、ススキが冬枯れで大量に横たわり、滑りやすくなっている中で、このススキを刈りながら、茨が道を塞ぎ、服を破り、手足を傷つける中で、一本一本植えていく作業が終わりました。
すでに実を種にして地中に埋めているものと合わせると楠や樫の木が山を一杯にすることになります。200年後の山は壮大な巨木でうめられます。

DSCN5347

DSCN5348

これからは、防護柵の補強をした上で、ススキを退治するために「除草剤」を種埋め地点に撒く作業が始めるとのことです。すでに、「除草剤」は荷揚げされています。
山を蔽うススキをを潰さなければ、芽を出した木々はススキに潰されてしまいます。非常手段としての「除草剤の使用」です。

DSCN5442

DSCN5447

DSCN5448

1/17,山歩きに向けて、標識を作りました。

DSCN5451

1/15,(今日)、17日の迫った山歩きの為に案内標識を急造に作って、ポイントに置きました。

DSCN5441

DSCN5440

DSCN5439

今日は、天気も良くて朝は寒かったが、昼前には風もなく、ポカポカ陽気という感じでした。
17日の天気予報は、当初予報と違って、夕方には雨という予報に変わってきています。
雨が降らない限り決行です。今日現在の希望者は20名です。結構、長い隊列になりますので楽しみです。

DSCN5414

大峰に雪が少し降ったみたいです。

DSCN5415

DSCN5416

DSCN5417

DSCN5418

1/11,熊野での田舎暮らしを希望する女性が来てくれました。

DSCN5346

猪鍋の夕食で迎えました。
1/11,大阪から、若い女性が、熊野での田舎暮らしをしたいということで、熊野の下見に来ました。
緑の自然の中で、自給自足の生活で人生をより豊かに生きたいという強い希望を持っている方でした。
こちらは、少しだけの案内で、丸山千枚田から、湯ノ口温泉の入浴と、翌日は大又川の清流を見て貰い、その後は、新鹿、波田須、大泊と海岸線を案内しただけですが、
どのような感想と、選択をするのかがわかりませんが、熊野の生活を選択してくれれば、少しでも応援したいと思いますが、

新年早々に、遊びに来てくれました。大阪の若い親子4人連れで、

DSCN5341

10日の朝食です。
新年早々の9日に、大阪から4才、2才の子供連れで、大阪の若い夫婦が、熊野に遊びに来てくれました。
何度も遊びに来ていて、その都度、我が家を利用してくれています。
この日=9日は、川湯温泉の仙人風呂に入った後、我が家に到着です。
子供たちもすっかり慣れてくれていて、楽しく迎えました。
10日朝、5時半頃にお父さんが起き出して、釣りに出かけました。地元の新聞の釣り情報では、「今は、おとなしくなっている」と、あまり釣れていないような情報だったが、海はべた凪で投げやすかったようだが、釣果はゼロでした。
彼は釣りにはプロ級の腕前なのだが、この日は駄目だったようです。
10日は、産田神社の祭りに出かけて行きました。
次は、春の山菜の季節を考えたいということでした。
お母さんが、宿帳にありがたいコメント書いてくれました。4才の女の子が絵を描いてくれました。

DSCN5345

朝の集落の風景、9日、雲海が、10,11は霜がビッシリです。

DSCN5333

DSCN5334

9日の朝、雲海が漂っていました。
もう少し、早く外に出ていれば、雲海の広さが確認出来たのですが、
辻本さんによれば、三ツ口山の朝は雲海が本当に綺麗とのことです。この間は、三ツ口山に行くときは、もう雲海が消えていこうにしか入っていないので、なんとか今週中に、雲海を眺めに行こうと思っています。
10日と今朝=11の朝は、霜と氷の朝です。

DSCN5338

これが10日の朝。

こちらが今朝です。

DSCN5344

ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.