熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2016年03月

昨日(3/20)、29名で、三ツ口山を歩きました。

DSCN5755

昨日は前夜までの雨も上がり、好天気な登山日和になりました。
総勢29名という大所帯の山歩きでした。
まだ、芽吹きには少し早かったようです。

DSCN5756

DSCN5757

長い列ですので、全員が入る写真は撮れずでした。案内役とカメラマンの両立は無理でした。

途中までは結構暖かであったので、途中で服を脱いでいくという歩きでしたが、頂上近くでは、谷底からの吹き上がってくる風の強さで、思わず震えるという状態で、ピッチが速くなり、昼食と休憩も早く切り上げとなり、予定よりも30分以上の早い時間での下山となりました。

天候に恵まれたので、大峰の連山の全景が確認出来ました。

DSCN5758

頂上での記念写真です。

DSCN5761

南尾根を降りています。

DSCN5762

三ツ口山を紹介する写真展が始まりました。

DSCN5752

DSCN5753

DSCN5681

DSCN5683

DSCN5685

DSCN5686

やっと、開催にこぎつけました。20日までが、熊野市文化交流センターで、
3/22~4/3 までは、尾鷲の熊野古道センターで。

三ツ口山の山歩きに、「テン・マウンテンの会」4/10に、

DSCN5676

東紀州の山愛好家グループ「東紀州10マウンテンの会」は、28年度の計画を発表し、今年最初の山歩きに、三ツ口山を選びました。
平成11年発足のグループで、毎月一回、年に10座以上を歩くことにしているとのこと。
毎回参加者は、50人ぐらいとのことで、三ツ口山では、最大の山歩きとなります。
このグループは、「安全」については厳しく、必ず、直前に下見登山を実施し、危険地点があれば、それを取り除く対策を実施するということをやっています。
三ツ口山を選択してくれて、感謝です。
当日の天候と安全を祈ります。

「三ツ口の里山を守る会」は、3/20です。
今のところの参加予定は、15人強です。
写真展示会の会場との関係で、重なってしまっています。が、両方とも実行です。
天気予報では、前日の19(土曜日)は、雨で、20日(当日)は、曇りとのことなので、今のところは予定通り決行です。

いよいよ、明日から写真展、間に合うのか!

DSCN5679

「三ツ口山を紹介する写真展」が、明日からです。
生まれて初めての写真展開催なので、パニック的になりながら、準備中です。
180×120のパネル23枚分ぐらいになると思われるが、障子紙に貼り付けて、それをパネルに張るということで、準備中です。
狭い我が家での準備中で、大変です。旨い具合に農家民宿の予約が入っていなくて、部屋の方も準備に使え、また、この写真展の作業に没頭できるということで何とかなると思われる。が、今日も一日中かかり切りみたいです。
まだ、説明文が出来ていない処もあります。そして、見にきて貰うための宣伝・紹介の時間が全く取れないです。
畑も完全に放棄の状態です。

DSCN5675

貼り付け道具

DSCN5672

DSCN5673

DSCN5674

出来上がりつつあるパネルに貼り付ける写真です。

昨日(3/13)、地域の稲荷神社の例大祭が、賑やかに

DSCN5669

昨日は、曇り空でしたが、雨はふらず、無事に祭りが終わりました。
午後1時からの神事、そして神事終了後は楽しみの餅まきでした。
山中にある神社なので、境内は狭いので、良い場所採りが難しく、この日も22コの餅確保で終わってしまった。
いつも感じることだが、「餅まき行事」は、一瞬といえるほどの短い時間で興奮を覚えるという珍しいものです。この時は全てを忘れて、餅拾いに没頭します。
この後、
神社の入り口の広場で、酒飲み会です。
厄年の人が、みんなに様々な酒食を提供し、みんなでこれで賑わうという酒飲み会です。
今年も、多くの人が集まって賑やかに行われました。

DSCN5671

前日の12日は、朝から、男衆は神社の境内の掃除で、女性衆は餅つきで、最後はみんなで餅の袋詰めでした。
ギャラリー
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.