熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2016年04月

三ツ口山の山造りを支える犬が新聞に紹介されました。

DSCN6039

中日新聞に、三ツ口山の山造りを支えている犬が紹介されました。是非、読んで下さい。
実に優秀な犬です。

21日から、田舎暮らしを求めて、農業体験に、若者が1週間きてくれました。

DSCN6037

21日から、1週間の予定で、田舎への移住・定住を希望して、農業体験の為にきてくれました。
空気の合うところとして、熊野を考えていて、実際に田舎暮らしをしてみて、実際の空気を感じて見たいとして、また、田舎暮らしとして、実際の畑作業をして味わってみたいと言う事で、一週間の予定できました。
丁度、種蒔き、苗植えの直前なので、一通りの畑作業が出来るので、畑に入って貰いました。
22日は、ダイコンとカブの間引きで、一日では終わらずで、23日も、その後は、元肥を入れての畝立てをやりました。
この後は、草引き作業と、種蒔きと苗植えを体験して貰おうと思っています。

ウナギ2000匹、放流!4/22,昨年よりも多い。アユも23,24で。

DSCN6038

今年も、ウナギが大又川に放流されました。
昨年はこの放流作業を手伝ったのですが、今年は手伝わなかったですが、数は昨年よりも多かったです。結構、大きなウナギが放流されていて、もう捕っても良さそうなものである。
2~3年で、成漁になります。その意味では、完全に大又川の天然ウナギです。
ウナギ捕りは、前日に仕掛けて、翌朝に揚げに行くので、一泊する必要があります。我が民宿を利用して、挑戦して下さい。

DSCN6042

続いて、アユも放流されました。
この大又川では、ダム湖で生まれるアユも遡上してきますので、放流アユだけではありませんので、結構楽しめます。
大又川のアユは、川が清流で、水が綺麗なので、アユは美味しいです。

竹の子を採りました。

DSCN6023

DSCN6036

この間、義姉の実家の竹の子を収穫しています。
採ってきたのを釜でゆがいています。
春の味を味わっています。
ワラビもゼンマイもまた、タラの芽も収穫して満足しています。
タラの芽はもう終わりましたが、竹の子やワラビはまだまだ続きます。
田舎暮らしの贅沢です。

4/17の山歩きは雨天で中止。4/18,山を案内。

4/17は、雨で、山歩きは中止でした。今日(4/18)、晴れのち曇りの天候の中、連れ合いの静岡の叔母さんが熊野に遊びに来てくれたので、山に案内しました。
山は石楠花が綺麗に花を咲かせていました。

DSCN6025

DSCN6026

DSCN6027

DSCN6028

山は山菜も豊かな姿を見せていました。

これらの山菜は、全て植えられたものばかりです。それが、このようになっているのです。これからは、これらを育てていくことが山遊びとして求められています。

DSCN6029


タラの木は、小さいものがたくさん出てきています。
これからが楽しみです。

DSCN6030

コゴミも沢山あります。これらも全て植えられているものです。

DSCN6031

ゼンマイもあちこちにあります。これをこれから増やすことが求められています。

DSCN6032

蕗もたくさん出てきています。5月に入れば採り頃です。

DSCN6033

山アジサイも芽を出しています。6月の中旬頃からが見頃です。

ウドも芽を出していたので、少し、頂いてきました。

DSCN6034

コゴミも頂きました。

DSCN6035


ギャラリー
  • 甘茶の株分け予定の圃場にネットを張る。
  • 甘茶の株分け予定の圃場にネットを張る。
  • 11月5日、初霜が、車のガラスが凍結していました。
  • 11月5日、初霜が、車のガラスが凍結していました。
  • ”広葉樹の山すごいね”と、子供たちが!三ツ口山で学ぶ。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.