熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2016年12月

昨日(12/11)、10名で、初冬の三ツ口山を歩きました。

DSCN7214

昨日(12・11)。初冬の三ツ口山の山歩きを10名で行いました。
この日は、早朝は濃霧が深くて、「今日は晴れだ」と予告してくれていました。
朝、9時から歩き始め、皆様が健脚揃いで、結構、早く頂上に到達し、昼食後、戻りもピッチが衰えず、1時過ぎには小屋に戻りました。

上の写真は、荷揚げの第6ポイントから、大峰の連山を眺めている図です。真ん中の男の方は、大峰奥掛けを歩かれている方で、奥さんに大峰の山々を一つ一つ紹介していました。

この日は晴れていたのですが、1800メートル以上では雲がかかり、釈迦岳や、弥山、八経が岳は残念ながら雲の下でした。

DSCN7218

DSCN7217

ススキが茂る中、頂上を目指して歩いています。

頂上部は檜の林の中です。

DSCN7219

DSCN7221

DSCN7222

頂上から南尾根を少し下ったところで、昼食です。この場からは、熊野灘の見えます。七里御浜の阿田和から鵜殿の海岸が見渡せます。

DSCN7223

この日も、辻本さんたちは、山の中段で、実生と苗木植えのための地拵えの為にススキや茨を刈っていました。

DSCN7215

三ツ口山は、霜柱が立ち、氷がしっかりと張っていました。
辻本さんは、「この時期は、土が凍っていて、実を地中に埋めるのが出来ないのだ」と言っていました。

DSCN7225

読売新聞(12,3号)に、三ツ口山を紹介する記事が掲載されました。

DSCN7203

DSCN7204

DSCN7205

今朝は(12・7)、霜が降り、集落は濃霧の中です。

DSCN7198

今朝はものすごく冷え込みました。外は、霜がびっしりと降りており、濃霧が全体を覆う状態です。今日は好天気になるようです。

DSCN7199

DSCN7202

DSCN7197

DSCN7200


夜が明けぬうちから山づくりの作業が始まっています。

DSCN7128

朝6時です。が、まだ暗いですが、この日もいつもと同じように暗いうちから山づくりの作業が始まりました。
今日は、頂上近くで実生の予定だったようですが、天気予報が明日は雨と出ているので、予定を変更して、アカ松の実をとる作業になりました。
道は暗いので、懐中電灯を持っての山に入ります。
DSCN7129

今日の作業予定に入り口に来るとようやく、明るくなってきました。

中尾根の下段にある二本のアカマツが対象です。

大峰の山にも陽が当たりだしています。

DSCN7135

DSCN7136

DSCN7137

DSCN7138

この松の実が目標です。

DSCN7139

松の木の下が、草木が茂っているので、荒削りの作業がまず始まりました。

DSCN7134

DSCN7140

DSCN7156

DSCN7157

およその荒削りの作業が終わって実を取ろうとすると、すべての実が開いてしまっていて、結局、取れず。
一週間ほど遅かったとのこと。仕事の進み具合との関係で、遅れてしかできなかったとのことで、結局今年に実の確保が出来ずじまい。

DSCN7165

それでも、最後まで、下草刈りをやり終えました。

DSCN7162

昨日までは、頂上部での実生の作業をやっていたとのことです。
また、明日からは、実生が続くようです。

山では、一昨年以来続けられています。
確実に芽が出ています。草の下で隠されていたのが、地拵えで草を刈ると、その下で、確実に芽が出ています。

DSCN7168

DSCN7167

草を刈るのも、どのあたりに実生で地中に埋めたのかを知らなければ、作業は出来ません。そのうえでも、よほどの慎重な作業が求められます。

が、木が確実に出てきています。

DSCN7166

苗木で植えたコナラも一段と大きくなっていました。

今夜は、明日の「熊野古道トレイルランニングレース」に参加する二人の方が泊まっています。

DSCN7179

明日、紀和町で、「熊野古道トレイルランニングレース」が開かれます。798人が参加予定とのこと。
第4回目の今年の大会は、50キロコースが世界選手権選考レースとなっており、国内の有力選手も参加とのこと。
我が家には、50キロと30キロに参加の二人の方が泊まっています。朝4時出発とのことです。
昨年に引き続いての利用です。


11・26,27と宿泊してくれた京都のご夫婦から、丁寧なお葉書を頂きました。ありがたいです。恐縮です。

DSCN7183

ギャラリー
  • 23日の「第5回、豊かな山の恵みと美しさを味わう集い」は、70名の参加で、無事に終わりました。
  • 23日の「第5回、豊かな山の恵みと美しさを味わう集い」は、70名の参加で、無事に終わりました。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
  • 甘茶の剪定作業、開始。7名の参加で、「山の恵みの提供」の作業が、スタートです。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.