熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2017年01月

1/21,熊野原木市場で今年の初セリが行われました。

DSCN7370


地元紙の転用です。私は現場には行ってません。

「好調な出だし」とのこと、熊野は木の国です。材木が活発に動くことが死活的です。

1/17、知人がエコストーブを作って、見せてくれました。

DSCN7367

1/17に、知人がエコストーブを作ったと持ってきました。
「里山資本主義」で紹介されていたのをモデルにして自分で作ったとのこと。費用は3000円とのこと。
性能は良い。ほんの少ない木で、結構強い火力だ。
これは使えるものだ。間伐材が放置されているし、杉の落ち葉が大量にあるので、役に立つものだ。
着火も簡単だし、また、煙も多く出ないので、室内でも十分だ。しかも持ち運びに便利だから、どこでも使える優れものだ。
前から、「里山資本主義」の本を読んで以来、興味は持っていたが、自分では制作しないで来ていたが、この実物を見て、今後は、人々に進めようかと思った。

DSCN7366

熊野も雪でした。1/14,15

DSCN7362

これは14日の早朝です。雪が降ってきていました。
この日は、私用で静岡まで走る予定だったので、早朝出発としました。16日に夜に戻る予定です。
雪情報では、鈴鹿、四日市、名古屋、豊田では、雪と出ていたので慎重運転で、夕方6時ごろ着を予定で出発。
雪は降っていたが積もるほどではなくて、午後2時過ぎには、静岡に着いた。
14,15,16と熊野を留守していたので実際の雪の状態は知らないのですが、新聞によれば、15日には七里御浜にも雪が積もったとのこと。
山地に雪はあり得ても、太平洋に面した浜に積雪とはビックリです。
辻本さんによれば、三ツ口山も雪でたいへんだったとのこと。

DSCN7364

記事の訂正と謝罪です。

昨年11・12付で、「那智の滝の上の山を見学してきました」という記事を発信しました。

この記事について、昨年末に、その時に同行・案内してくれた「いちいがしの会」の岡崎氏から、記事内容に誤りがあるので、訂正をお願いするという話をありました。即座に訂正修正すべきだったのですが、正月休みで、ずるずると日を過ごすだけで、放棄しておりました。岡崎氏から1・12に、「まだ訂正されてないが」との電話を受けて、この訂正と謝罪を表明します。

記事内容では、二点で、「那智大滝の土石流落下による」として、「那智の滝=那智川の本流による」としてしまいましたが、正しくは、「支流の川の土石流」による。です。
もう一つは、記事の真ん中あたりで、「皮に潜って確かめた」というところについて、「潜って確かめたのではなく」正しくは、「石の、木の根を下を確認して」です。
ともに、岡崎さんの説明として展開しています。
私が大雑把に記憶していて、厳密さを欠いた間違った内容で、岡崎さんの認識・確認であるかのように展開してしまいました。
この点で、岡崎さんの日ごろの活動や、岡崎さんの人格への不信を抱かせるものなってしまっていることについて、誠に申し訳なくお詫び申し上げ、謝罪します。
岡崎さんの「那智の滝の上の山を神域として再生するため」の活動には、敬意を払っていたつもりでしたが、その甘さについて恥ずかしく、反省すべきと自戒します。

大ピンチ、熊野でのサンマがこの冬、まだ、まったく水揚げはありません。

DSCN7361

昨日の地元新聞の吉熊新聞は、熊野での冬のサンマがまだ水揚げが無いことを報じています。

実際にこちらもこの冬では姿を見ていません。
毎年、12月には熊野灘まで南下してきた脂が落ちたサンマは、冬には欠かせないものです。
熊野でしか味わえない大事なものです。
脂が落ちたサンマだから干せば絶品の味です。また、サンマ寿司は、独特の味として熊野でしか味わえないという特産品です。
浜に干されるサンマの姿は、熊野の風物詩です。
正月のお膳にサンマ寿司が載らない家はありません。各家が独自の家に伝わる味でサンマ寿司を握ってきています。大昔からの熊野での正月です。サンマ寿司の無い正月は考えられないのです。
が、
今年の正月はどこの家庭でもサンマ寿司は作れなかったのです。
かろうじて、冷凍技術の発達で,寿司菜として、冷凍になっていた寿司菜としてのサンマを買って、作ったのです。我が家も年末の28日にこれはピンチということで、手に入れて、なんとか正月に5本だけのサンマ寿司を作りました。
サンマの丸干しは作れそうにもありません。
ギャラリー
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 梅雨明けが、待ち遠しいです。7月は、まだ二日しか、山での剪定作業は出来ていません。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
  • 7月16日から、「甘茶の加工場と作業所、そして、交流の場」を、開設しました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.