熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2017年02月

今朝も雪化粧です。これで4日連続です。

DSCN7482

今朝の雪は、この4日間では、一番多かったです。
鳥取や福井などの豪雪と比べたら、問題にもならないものですが、しかし、雪があまり降らないところでの雪は,堪えます。
昨日から、「三重県の田舎暮らし体験ツアー」で、お客様が来てくれていましたが、雪で、農作業体験は出来ませんでした。
男性一人でしたので、夕方6時ごろから、11時前前まで、お酒を飲みながら「田舎暮らし談議」で、終わりました。

写真は、集落の雪の状態です。山は、我が家から見える一番高い山で、標高900程の「新保色山」です。
この山の左奥に三ツ口山があります。三ツ口山は、人家のある処からは見えません。

DSCN7483

DSCN7484

DSCN7485

DSCN7486

3/5、三ツ口山で、「植樹祭」を行います。皆様の参加を、

DSCN7475

DSCN7480

DSCN7481

神奈川県平塚市にある、社会福祉法人「進和学園」、(株)「研進」が進めている「いのちの森づくり」プロジエクトから、「ウバメガシ」の苗木300本の寄贈を受け、2月中旬には届く予定になっています。
この寄贈されたウバメガシの苗木を、辻本さんは、3/5に、植える予定にして、寄贈を記念して、「植樹祭」として、やろうと呼びかけています。
3/5当日は、午前10時から、三ツ口山の「100年計画の人口の自然林」の入り口から少し入ったところを会場にして行うことになりました。
山小屋から15分程の所です。午前9時半までに、山小屋に集合していただけたらと思います。山小屋への道がわからない方は、朝9時に、桃崎の「サークルK」の駐車場に来ていただけたら、案内します。

三ツ口山での植生は、この3月で、大きくは終わるようです。雪で作業が大幅に予定が遅れていますが、現在欅苗木4000本を植えています。この後に寄贈してもらったウバメガシを植えて、終わりです。実生としての地中に実を埋め込む作業も、昨秋から、栃の実や、樫の実を埋めてきました。
3月末で、35町歩の山に、当初の計画に沿っての植生が完了となるようです。
その意味では、この3月は、山づくりにとっては一つの重大なポイントになります。
そのことの確認も含めての「植樹祭」ですので、ぜひとも、皆様のご参加を、参加者一人一人が何本かを、植えてもらうということになりますので、よろしく。午前中には植える作業を終了して、その後は、山小屋で昼食を食べながら、ワイワイガヤガヤと座談を、と考えています。
4月からは、植えられた苗木や実生で芽を出した幼木を育てるという「保育の段階」に入るようです。
この時の作業の最大は、各種の茨の除去だそうです。
35町歩全体での「保育の作業」は、や大変です。茨が苗木や幼木を傷つけます。これを一つ一つ、丁寧に除去していく作業です。
この保育の作業は、第一段階の、防護柵構築と道づくり、そして第二段階の実生と苗木による植生、に次ぐ第三段階です。
辻本さんによればこの「保育の段階」は、5年ぐらいは必要だろうと言っています。
5年後には、35町歩の山が緑がいっぱいとなるようです。

ウバメガシを贈呈してくれるのは、神奈川県にある社会福祉法人の「進和学園」と、その関連会社の「研進」さんです。

DSCN7475

DSCN7480

DSCN7481

DSCN7477

DSCN7478

DSCN7479

是非以下のアドレスを検索して、理解してください。
株「研進」で、検索してください。ホームページが開けます。
この「研進」のホームページから、「進和学園」が見れますので、

この神奈川から、三ツ口山での山づくりに関心を、持っていただいたのは、昨年6月に東京で開かれた「森と市民をつなぐ」というイベントに、「三ツ口山での山づくりの」資料を置かせてもらったのですが、この集会に参加していた「研進」の方が、この資料を手にして、知ったということで、連絡していただいたということです。
有難いと思っています。

熊野でのサンマ漁は、ゼロの状態が続いています。

DSCN7474


中日新聞が、熊野灘でのサンマ漁がゼロが続いていると報じています。

ここ数年は漁獲量の低下が続いているようですが、今年は、一番厳しいようです。
海流や、水温の関係だということですが、今後も、このような状態が続くようであれば、熊野にとっては大変な事態になることは明らかです。

今日も、朝、雪化粧でした。

DSCN7473

三日続きで、雪化粧です。こんなに雪化粧が続くのは、珍しいことです。
辻本さんの山仕事は、今日も休みにしています。
一か月以上、作業が遅れているそうです。

昨日、今朝と二日続きで、雪化粧です。

昨日、今日と(2/9,10)、二日続きで雪化粧です。


今朝の雪化粧の様子です。

DSCN7472

明日も雪が降るような予報です。
畑の作業は出来ません。辻本さんの山仕事も出来ないです。
予定が遅れていきます。

昨日は、昼頃まで雪が続き、そのあとはみぞれということで終日、外での作業は出来ませんでした。

昨日の雪の様子です。

DSCN7466

DSCN7467

DSCN7468

ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.