熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2017年04月

田植えが始まっています。ジャガイモの芽かきが終わりました。

DSCN7913

4/23の日曜日から、田んぼでは田植えが始まっています。今月中には終わって、田んぼは緑になります。

DSCN7916

カメラが望遠で撮ったので不鮮明です。
田植えが終わると連休で、その後は茶摘みが始まります。
連休前後の集落での一大作業です。
お米とお茶と一年中の食の基本を確保するための農作業です。それはまた、家族、集落挙げての行事です。

我が家はコメ作りはしていませんので、こちらは畑です。
遅れていたジャガイモの芽かきを昨日終えました。

DSCN7917

ソラマメと実エンドウに花がついています。

DSCN7918

ホウレンソウ、水菜、小松菜、カブ、大根の間引きも始めています。
が、連休中に予定している種まきや苗植え用の畑の準備が遅れていてピンチです。

今日)4/23、早春の三ツ口山、山歩きを12名で、

DSCN7896

今日(4/23),春の 三ツ口山の山歩きを行いました。
小5、と小2の子供を含めて、総勢12名で行いました。
この日は、朝から雲一つない最高の山歩き日和でした。
小5と、小2の子供を含めて、総勢12名でした。
子供が先頭に立ち、全体を引っ張ってくれました。
大峰の山々は、見事な姿を見せてくれました。

DSCN7898

DSCN7900

DSCN7901

DSCN7902

DSCN7904

DSCN7909

DSCN7910

DSCN7911

午後1時半には小屋まで戻りました。

山は、ますます、色がついています。

DSCN7912

フキを植えました。森林空間活用林の畑を増設です。

DSCN7882

DSCN7883

DSCN7881

今日は(4/22)、朝から、山でフキを植えました。

この間、辻本さんが、谷をブルで整地して、「森林空間活用林」用に畑を作ってくれました。ここに何を植えるのかと議論した結果、フキと決めました。
整地できたので、今日、植えると決めて、辻本さんの奥さんとこちらが前日に植えるためにフキを確保して、朝8時に山に入りました。さっそく作業開始です。
フキをバラシて、30センチ間隔で植えていきました。結構な広さなので、用意したフキは足りませんでした。

DSCN7884

DSCN7885

DSCN7886

DSCN7887

今までも、山に「下層植生」として、山菜を積極的に殖えてきていて、「森林空間活用林」として、山遊びが楽しめる山づくりを進めてきていますが、 これをより積極的に進めようと「三ツ口の里山を守る会」も頑張ろうと挑戦しました。

タラの芽は、最終的には200以上を確保しました。おそらくここ熊野で、一つの山で200個も確保できる山は無いと思います。この点だけをとっても三ツ口山での山づくりの事業の価値がわかるのではないかと思います。
この秋には、タラの木の実を確保して山に蒔くつもりで、1000本を目標にしょうと決めています。

DSCN7892

三ツ口山の小屋の周りの西洋シャクナゲが咲いています。

DSCN7888

DSCN7889

DSCN7891

山は色豊かです。

DSCN7893

三ツ口山の木々は芽吹いています。タラの芽は終わりました。

昨日(4/16)、三ツ口山にタラの芽を採りに行きました。今日で、「今年はもう、これで終わり」ということで、朝6時から山に入りました。

小屋の前の桜は散り初めで、コンクリートは花吹雪です。

DSCN7869

山の木々が芽吹いていて、山の豊かな緑やその他の様々な色に染まってきています。

DSCN7872

この日は、タラの芽を採るのに必死でカメラを車に置いたままでした。

4/9以来、今日で3度目のタラの芽取りでした。もう「旬が過ぎてしまうので、今日で採れるだけ取るといういうことで、11時まで頑張りました。結果は約60個でした。
今年が初めて本格的に収穫しました。それ以前から、辻本さんは、タラの実を折に触れて山に散布していて、相当のタラの木が出ていました。が、今まで、あまり熱心ではなかったので、今年、もし、「採らないのであれば、山造りには邪魔だから、伐るぞ!」と、言われていたので、必死に採りました。
およそ、150から200個ほど収穫したと思います。一つの山で、これだけ採れる山は無いと思います。

辻本さんは、あまり執着はしていなかったのですが、「タラの芽の天ぷら」を食べてみて、これは「美味い」ということで、タラの木の存続はOKとなりました。

DSCN7875

ごんぱちもこごみも出ていました。

DSCN7876

水飲み場では、わさびが出ています。

DSCN7870

DSCN7871

今日の集落の桜模様!

今年の桜がいつもより10日程遅く満開になりました。現在では、散り始めです。ほとんどの桜が一斉に咲きました。

集落の桜の姿をいくつかカメラに納めました。車で走っていて、車を止めるところがあれば撮ったということですので、すべてではなく全くの一部分です。


田んぼにでは、田植えの準備が終わっています。

最初の二枚はそれが写っています。

DSCN7858

DSCN7859

DSCN7860

DSCN7861

DSCN7862

DSCN7863

DSCN7864

DSCN7865

DSCN7866

DSCN7867

ギャラリー
  • 甘茶の株分け予定の圃場にネットを張る。
  • 甘茶の株分け予定の圃場にネットを張る。
  • 11月5日、初霜が、車のガラスが凍結していました。
  • 11月5日、初霜が、車のガラスが凍結していました。
  • ”広葉樹の山すごいね”と、子供たちが!三ツ口山で学ぶ。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
  • 軒下の吊るし柿が鹿に喰われ、イノシシが、そこらじゅうを堀くずしています。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.