熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2017年06月

6/11、大又川のアユ釣りが解禁です。

DSCN8172

DSCN8174

アユ釣りが解禁になりました。
朝から、待っていた人々がさっそく川に入っていきました。
川の水が少なかったので、どのような結果になったのかは聞いていませんので、わかりません。
事前の段階では、七色ダムからの遡上アユが多いとのことでしたので期待できるのかも、
6/18の「第三回、豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」では、大又川の漁協の有志の提供による今年のアユの初塩焼きが楽しめます。

山アジサイの花が開きだしました。いよいよ「第三回豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」まで、後一週間です。

DSCN8166

DSCN8167

三ツ口山での山アジサイがいよいよ花を開き始めてきました。
6/18の、第三回、豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」まで、後一週間です。このまま順調にいけば、丁度見頃になるのではないでしょうか、

DSCN8169

DSCN8170

山での山づくり作業は、「保育の段階」に入っています。
連日、辻本さんと森田さんが山での作業を続けています。昨日は、森田さんが10町歩の部分での作業で、山を整序する作業で、鎌と鉈とのこぎりを持って、取り組んでいます。だいぶ作業が進んでいるようですが、上部に行けば、ますます、急峻になるので、作業は大変なようです。辻本さんは、35町歩を歩いて、実生で、出てきている芽の、植えられている苗木などの様子を一つ一つ確認する作業をしているようです。辻本さんの作業内容はこちらが素人なのでうまく説明できませんが、日々、変化していく山の様子を丹念に点検・確認しながら、必要な作業をしているようです。
こちらは、昨日(6/9)は、35町歩の谷沿いにあるゴンパチへの肥料散布の作業をやりました。
昨日で、やっと終わりました。ほぼ、一日かけての山での作業は始めてでした。
とにかく、35町歩の谷沿いでのゴンパチの量がすごいの一言です。
今どこでも谷が枯れてきていて、ゴンパチが少なくなってきています。田舎の人は、年々、ゴンパチ確保に苦労しています。が、ここ三ツ口山では自然が、再生されています。

DSCN8165

大根の出荷は後2回ほどで終わり。ニンニク、タマネギの収穫中です。

DSCN8162
我が家の畑の様子です。

大根の出荷は、6/3までで、約100本ほどです。後50本ほど出荷できそうです。
タマネギは倒伏していくものから順番に収穫中で、今週中に終わると思います。ネギ坊主ができたのが30本だけだったので、約300個ほどの収穫になりそうです。ニンニクはすべて収穫しました。そんなに大きくはないですが、「ホワイト6片」が割と型がそろいました。知人が5キロほど=約100個ほどを分けてくださいとのことで、助かります。昨年が出来が悪かったので半分の350個ほどです。
ジャガイモの収穫は今週の終わりごろからか、ソラマメと実エンドウは終わりました。

DSCN8161

このバケツのは、最後の分です。ソラマメと実エンドウは、自分とこで自家消費と近所に分けています。

畑では、何とか夏、秋に収穫するものが畑に出ています。

トマト、ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、シシトウ、オクラ、青梗菜、カボチャ、スイカ、つくね、大小のショウガなどなどです。
また、今年は梅が大豊作みたいです。枝が曲がるほどです。

大又川のウナギは調子が悪いです。川の水が少なく、大変です。
昨夜、海に近い、御浜町の志原川での「夜釣り講習会」に参加で、2匹を吊り上げました。河口だから、ウナギが上がっているのですね。川はきれいではありませんが、また、小さな可愛いウナギで、一番小さいのは、大又川に放流しているほどの小ささでした。

山アジサイの蕾が開きました。6/18まで、後2週間です。

DSCN8147

三ツ口山の山アジサイの蕾が開き始めました。
6/18「第三回、豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」まで、後、2週間です。
楽しみです。多くの方々の来場をお待ちしております。
カメラを向けてください。たくさんの写真を集めて展覧会を開きたいと思っていますので、

DSCN8148

DSCN8149

DSCN8150

ささ百合も蕾が出来ています。

DSCN8151

山では、実生=直播の種から、栃の新芽が出てきています。可愛い、小さな10センチほどです。
この出てきている新芽を見つけて「保育する」ことは、山をよく歩いて見つけなければなりません。知らないで入ると自分の足で踏んずける怖れが大です。

DSCN8152

DSCN8153

山は、ますます、豊かになっています。この時期はあらゆるものが力を出しています。日々、山の姿が変わっています。
是非、山に入って、見てください。
ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.