熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2018年02月

昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。

DSCN8957


三ツ口山のウバメガシです。これは、昨年3月に、神奈川の「進和学園」の「いのちの森プロジェクト」さんから300本の苗木が寄贈されたもので、丁度、一年です。

辻本さんは、山を毎日歩いて、山を隅々まで、丁寧に様子を確認しながら、その都度、必要な処置を施し、また、しっかりと観察して検討、研究しています。
「保育の段階」は、どれだけ「状態を把握する」かが大事の様です。

山は、広いです。ポイント、ポイントを決めて、廻っているようですが、全部を周りきるには、時間がかかります。

先日、ウバメガシを植えた当たりを周っているときに、このウバメガシの様子を見て、「育ちが悪い」「すこし助けてやらなければダメだ」ということで、必要な栄養剤=肥料を注文し、この日に作業するとのことなので、手伝いに出かけました。


朝、9時に山小屋で待ち合わせ、肥料各3キロを4袋で二つずつ持つ、茨を切る鎌、肥料をまくときに使う容器などをこちらは借りて、それに昼食をリュックに入れて、出発。約1時間ほどで、現場に着く。第6ポイントから50メートルほど上がったところで、頂上直下。
やり方を教えてもらって、さっそく作業開始。
まず、茨を切ること。茨を刈らなければ一歩も歩けない。ウバメガシは等高線上に、3メートルほど間隔に植えられている。茨を刈りながら、歩いて。まず、最初のウバメガシを見つける。ウバメガシの周りに肥料をまく。ウバメガシ以外にも芽を出している杉、ヒノキなどを見つけるとこれにも肥料を入れていく。今は、枯れているがススキが道を塞ぐ。結構、急な傾斜の所で、岩石があちこちにある。足を取られないようにして、作業を続ける。

DSCN8961

ウバメガシが見えないほど、茨がススキがある。
これを刈っていくと、やっと、ウバメガシが姿を見せる。

DSCN8962

この作業を昼食を挟んで、午後1時半ごろまで続ける。
ほぼ、300本全部に当たる。
兎などに掘り起こされてダメになったのも、結構ある。また、ススキが生い茂って太陽が当たらないところのは弱い。
総じて、辻本さんによれば、植えたときとほとんど同じで成長していない。とのこと、だから、カンフル注射が必要で助けてやる必要があるとのこと、

作業が終わってみたら、こちらが使った肥料は3キロ一袋だけ、辻本さんは6キロ二袋全部で、終わりごろにはこちらに借りに来る。プロと素人の歴然たる差でした。


緑がウバメガシ。

DSCN8958


足元に広がる茨です。

DSCN8960

作業現場から、大峰の冠雪です。

弥山

DSCN8952

釈迦に仏性、

DSCN8953

大普賢
DSCN8954

笠捨山

DSCN8955

山には蕗の薹がありました。

DSCN8963

今日だけの暖かさ、耕運機を動かしました。

DSCN8951


今日は冬が休みました。昨日から氷点下が消えて、凍結も消えて、畑に入るチャンス到来でした。
朝から、耕運機を降ろして畑に入れ、牛糞堆肥を捲いて、耕運開始。
鍬で畑を起こすのが一番良いのですが、だんだんと体力が落ちてきているので、耕運機が頼りです。
耕運機を使うとスギナなどは、根を切られても、切られて小さくなった根が畑に分散されて、そこで、また、生き吹き返して、スギナが再び、繁殖してきます。だから、鍬で一つ一つ起こして、その都度、スギナを回収し、根こそぎ取り除くのが必要なのですが、体力が勝てないので、耕運しながら、スギナを増やす運動をしています。
が、それでも牛糞堆肥の投入が終わったので、この畑の所では、第一段階が終了でホットしています。

DSCN8950

昨日=2月12日、の朝は雪がありました。畑は凍結で仕事にならず、予定が遅れている。

DSCN8931

庭に雪が降っていました。福井などの大豪雪の写真を見ると、その激しさと生活があらゆる困難と危機にさらされている様子が映し出されています。それと比べれば全く漫画的な事態でしかありませんが、それでも大変です。畑の土が凍結状態がづっと続いています。午後には凍結が緩むが、日影が長いところは、解けません。
冬の「寒さらし」として、土起こしを予定していても作業は出来ません。
12月、1月ごろに手掛けていれば終わっていたのですが、ズルズルと引き伸ばして、この始末です。
堆肥の投入、耕運、そして元肥入れをやらなければならないのですが、だいぶ遅れそうです。

DSCN8932

DSCN8933

2月18日、厳冬の三ツ口山・山歩きです。

DSCN8908

DSCN8915

1月21日、山歩きの時に写した、北の大峰、南の熊野灘です。北と南、横一列が約80キロ全てを目にできます。
三ツ口山からの眺めは熊野での唯一の眺めです。
厳冬期ですから、寒いです。雪もあります。耐寒登山で、雪山感覚も味わえます。
そして、広葉樹の山の姿が味わえる山歩きです。
熊野では、戦後の杉・檜の「拡大造林」で、山が人々から疎遠なものになっています。山が生活の一部であった時代が、遠い昔の話になっています。
そんな中では、山を相手にしての生活はほとんど少なくなっています。膨大な杉・檜の山がありながら、山は遠くなっているのです。
山の豊かさは見えなくなって相当の時間が経過していると思います。
今、三ツ口山で進められている「100年計画の人口の自然林づくり」は、山の美しさ、豊かさを見せてくれています。
冬の山は、葉が落ちて、木々の様子、森の姿がよく観察出来ます。ゆっくりと山を歩きながら、山の空気を味わえます。三ツ口山は日本で、ただ一つの山です。

● 2月18日。午前9時集合、午後3時解散予定。
● 熊野市五郷町桃崎「ファミリマート駐車場」集合、朝9時です。R309号沿い
● 参加費500円。
● 装備:防寒、登山靴か地下足袋、昼食、飲み物。
● 申し込み・問い合わせは、090-6817-8041へ。
● 主催:三ツ口山に親しむ、山遊びの会。

2月5,6日と、三重県・移住スタディツアーで、大阪の若い夫婦が来ました。

DSCN8929

DSCN8930

2月5,6と大阪から田舎暮らしを真剣に検討している若い夫婦が2歳のこどもを連れて、熊野に来てくれました。
三重県が昨年に続いて田舎暮らしの体験ツアーで、今年は、対象を5軒に増やして、昨年の企画よりはもう一つ工夫した企画で、移住をより深く判断できる材料を提供することを用意した企画です。
この日に来てくれた若い夫婦は、「農業での生活できる移住」を検討している方でした。
この日の熊野は寒さも最も厳しいと言えるほどでした。
5日午後3時過ぎに到着で、その前には、熊野市役所で「移住についての情報」を聞いてきたとのことで、移住を真剣に検討していることが伝わってきました。
畑を案内した後、夕食を挟んで、熊野での「農業で暮らせる可能性・現実性を」巡って議論を展開しました。
こちらからは、様々な検討課題を提示しながら、少しでも検討・判断の材料になるようにと務めました。
移住を真剣に現実的に考えれば考えるほど、様々な課題が出されてくると思います。
「何があってもやりぬく」という意思が強固に形成された時が決めると思います。
ギャラリー
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
  • 昨日(2月16日)、山で、ウバメガシに栄養を与える作業です。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.