熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

2018年02月

2月18日、厳冬の三ツ口山・山歩きです。

DSCN8908

DSCN8915

1月21日、山歩きの時に写した、北の大峰、南の熊野灘です。北と南、横一列が約80キロ全てを目にできます。
三ツ口山からの眺めは熊野での唯一の眺めです。
厳冬期ですから、寒いです。雪もあります。耐寒登山で、雪山感覚も味わえます。
そして、広葉樹の山の姿が味わえる山歩きです。
熊野では、戦後の杉・檜の「拡大造林」で、山が人々から疎遠なものになっています。山が生活の一部であった時代が、遠い昔の話になっています。
そんな中では、山を相手にしての生活はほとんど少なくなっています。膨大な杉・檜の山がありながら、山は遠くなっているのです。
山の豊かさは見えなくなって相当の時間が経過していると思います。
今、三ツ口山で進められている「100年計画の人口の自然林づくり」は、山の美しさ、豊かさを見せてくれています。
冬の山は、葉が落ちて、木々の様子、森の姿がよく観察出来ます。ゆっくりと山を歩きながら、山の空気を味わえます。三ツ口山は日本で、ただ一つの山です。

● 2月18日。午前9時集合、午後3時解散予定。
● 熊野市五郷町桃崎「ファミリマート駐車場」集合、朝9時です。R309号沿い
● 参加費500円。
● 装備:防寒、登山靴か地下足袋、昼食、飲み物。
● 申し込み・問い合わせは、090-6817-8041へ。
● 主催:三ツ口山に親しむ、山遊びの会。

2月5,6日と、三重県・移住スタディツアーで、大阪の若い夫婦が来ました。

DSCN8929

DSCN8930

2月5,6と大阪から田舎暮らしを真剣に検討している若い夫婦が2歳のこどもを連れて、熊野に来てくれました。
三重県が昨年に続いて田舎暮らしの体験ツアーで、今年は、対象を5軒に増やして、昨年の企画よりはもう一つ工夫した企画で、移住をより深く判断できる材料を提供することを用意した企画です。
この日に来てくれた若い夫婦は、「農業での生活できる移住」を検討している方でした。
この日の熊野は寒さも最も厳しいと言えるほどでした。
5日午後3時過ぎに到着で、その前には、熊野市役所で「移住についての情報」を聞いてきたとのことで、移住を真剣に検討していることが伝わってきました。
畑を案内した後、夕食を挟んで、熊野での「農業で暮らせる可能性・現実性を」巡って議論を展開しました。
こちらからは、様々な検討課題を提示しながら、少しでも検討・判断の材料になるようにと務めました。
移住を真剣に現実的に考えれば考えるほど、様々な課題が出されてくると思います。
「何があってもやりぬく」という意思が強固に形成された時が決めると思います。
ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.