昨日(6/28)は、大又川流域で、県の委託を受けての護岸の草刈り作業が一斉に行われました。
少々の雨でも決行とのことで、準備するも好天でした。
朝8時集合で、飛鳥町佐渡地区の集落も全員参加で集合しました。

DSCN4272

集会所の集まった人々。
基本的には男性陣が護岸の草刈り事業で、女性陣は集会所の大掃除と言うことで、区長さんから作業手順が発表されて始まりました。
草刈りの方は、この日までに、当日参加できない人や、有志の人で、すでに草刈りが終わっていて、この日の作業は、刈られた草を集めて、所定の場所に運ぶという作業だけでした。

DSCN4274

DSCN4276

DSCN4277

護岸の草刈り作業は集落全員での共同作業で、これが終わると、各地域事、佐渡区の場合には4つの地域ごとに、それぞれの地域から、川に降りる通路の草刈り作業に移りました。
佐渡区4部では、田んぼ横から川に降りるところが3カ所あるので、それぞれが一番近いところの作業を担当しました。
こちらが担当した通路が竹が通路を塞ぐぐらい繁っていたので、この竹を切った上で、草刈りでした。
一応、綺麗に草刈りが出来ました。これで、ウナギ捕りに川に降りるときもあまり夜露に濡れる心配が当分、無くなりました。

DSCN4278