DSCN1762
25,26の両日、大又川漁協が稚アユ500キロを放流した。友釣りの解禁日は6/8日。
一昨年と昨年は台風災害の復旧工事の関係で、少量の放流(200キロ)にとどめていたが、今年はまだ、工事が残っているところがあるが、ほぼ、例年よりは少し少ないだけの放流になったとのことで、人工産が200キロで、海産が300キロとのこと。
大又川の水の綺麗さは天下一品であり、そこで成育するアユは美味しいのだ。
熊野川の源流域としての大又川には、このアユと24日に放流されたウナギがあるのだ。