DSCN1767

農家民宿やまもとのトイレを6/1に、水洗化します。
田舎の家を、あるがままに晴耕雨読・自給自足で連れ合いとの二人だけの暮らしとして田舎に戻って使ってきていたのを、農家民宿にしてきました。
昔のようなポットン・トイレみたいな臭いなどとは無縁ですが、くみ取り方式のトイレでした。
あるがままであるのだと言うことで、勝手に、納得して貰えるのだと言うことにして、そのままで来ました。
今年に入ってからは利用者も増えてきました。
現在では、どんなところでもトイレが水洗が常識になっている中では、利用して頂く皆様には、大変な負担を強いることになっていることで、農家民宿として多くの人々に気持ちよく利用して頂くためには、トイレの水洗化は義務であると大変遅ればせながらですが自覚し、このたび決断してトイレの水洗化を実現します。
5月連休明けに工事に着手し、月末完成で、6月一日から水洗化の予定です。
浄化槽を設置する工事が主で、トイレそのものの工事には時間がかからないようです。
ただ、大きな重機が入らないので、手堀りでやる部分がありますので、工事が遅れるかも知れません。
トイレが水洗になりますので、子供たちでも気楽に使用出来ると思いますので、是非、農家民宿やまもとを利用して下さい。