DSCN7076

集合地点の「駐車場」の周りは濃い濃霧でした。
良い山歩きになると確信しました。新宮市から二組7人が参加してくれました。
朝、9時に山歩きを開始です。
山は、紅葉のますます、深くなっています。

DSCN7092

DSCN7094

山では、今日も山づくりの作業がすでに始まっていました。これからの実生や苗木植えに備えての地拵えの作業です。

DSCN7078

DSCN7079

山歩きは、皆さん健脚ぞろいで、結構の速さで高度を上げていきます。
山の中段に差し掛かると、大峰の山々の姿が拡大していきます。

DSCN7081

ススキが茂っています。山歩きには眼の保養になりますが、山づくりには最大の敵の一つです。

DSCN7085

熊野市紀和町当たりの雲海が見れました。

DSCN7082

頂上近くになると大峰の最高峰あたりに雲がかかり、釈迦が岳から、八経、弥山、大普賢岳が、残念ながら雲の中でした。

DSCN7087

頂上からは、南尾根を下って、そして、中尾根に降りて、山小屋に戻りました。
辻本さんと、森田さんはまだ、作業を続けていました。
山小屋について、今朝、古田さんから届いた「栃の実のパン」を試食してもらいました。
皆さんの感想を美味しいの一言でした。
今年の秋に収穫した栃の実は、実生用の種として使うのに、圧倒的に多く使うので、もう、パン作りに回せるものがありません。
残念ながら、試作品が大好評ですが、次の分は来年の秋に収穫する栃の実まで待たなければなりません。来年からは、実生用の種が要りませんので、栃餅や、栃の実のパンが多く作れます。
次回は初冬の山歩きで、12月11日です。