DSCN7686


昨日(3/27)、一週間ほど遅れていた大根の種まきが終わりました。
当初予定していたところの、スギナの根切りが遅れていて、急遽、場所を変えたのだが、そこもスギナが蔓延っていた。
耕運機をかけると少しでもスギナがあると根を小さく切ってしまうので、スギナはどんな小さな一片でもあればそこからまた、芽を出してくるというとんでもないやっかいもので、どんどん増やすことにしかならないので、ここも耕運機をかけたことがある場所だったので、スギナが繁殖していたのだ。結局ここでのスギナきりに二日かかってしまい、昨日で、種まきが終わったのです。まだ、カブの種まきが残っています。これは今日中になんとかやってしまおうと思っています。そうすると3月の種まきが完了です。
次は4月末からの多くの野菜の種まきと苗植えです。これに向けて、スギナきりをやりきって、堆肥投入ー元肥入れで、畝たてと、準備が始まります。

この畑では水やりのための水確保が大変です。
50メートルほど離れた谷の水槽から水を運ばなければなりません。
この間、ホウレンソウ、小松菜、水菜、そして大根と種を蒔いてきたので、水やりが毎日です。一回にバケツ10杯が最低でも必要です。これが結構な重労働です。

DSCN7685