DSCN7793

昨日(4/9)、三ツ口山での桜の花見会は、15名の参加で、賑やかに楽しみました。
前日では、まだ桜が咲ききってなくて、蕾の花見になるかも、タラの芽もまだ、固くて、ダメかもと、また、雨が続いていて、天気予報では、昼頃から雨が上がるとの予報であったが、朝10時半の段階では雨が降っていて、外でのバーベキューは無理で、小屋の中でやるしかないと腹をくくるしかないような状態で、11時を迎えました。

が、なんと11時直前で、一気に陽が差し、もう雨の心配がない状態になってくれた。桜の木の下でのバーベキューとすることを決めて、準備をする。また、桜も、一気に花が開いてくれた。普通は、日を追って、二分、三分、5分、7分と咲くのが、今年の桜は、一日で一気に咲いてくるという事態でした。
なんと恵まれた条件での花見となりました。
この日のもう一つは目玉はタラの芽の天ぷらです。このタラの芽を、朝9時から山には行って採りに行きました。前日まででは、一人当たり一個も当たらないかもと、心配していました。そのために海側で、一個ずつ分に少し足りないぐらいを確保してこの日を迎えました。
タラの芽はまだまだの所があるのですが、合羽を着て、中に入っていくと結構な大きさのタラの芽がだいぶ採れました。
この点でも、恵まれた日でした。
タラの芽は、70個ぐらい確保して、一人当たり、4or5個ぐらいづつが当たりました。

DSCN7791

DSCN7796

DSCN7792

ということで、おおいに楽しめて、盛り上がりました。午後2時半ごろまで、続いた花見でした。
タラの芽の写真は撮れませんでした。採ることと、食べることにかかりきりでしたので、写真は休みでした。

山小屋の周りでは、西洋シャクナゲが咲き始めています。また、タラの芽も次の出番待ちがあります。

DSCN7797

DSCN7799

DSCN7800

三ツ口山での山遊びは、

山歩きとしては、4/23と、5/21です。
そして、6/18には、「第三回」となる、「豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」を開きます。
35町歩での「100年計画の人口の自然林」づくりが始まったことを記念してのこの集いは、三回目で、山造りでは4年が経ちました。今年の「集い」は、「保育の段階」という重大な時を迎えたことを記念する「集い」になります。
1500本の山アジサイが見頃です。お帰りの時には切り花としてお持ち帰りができます。
栃餅は今年もつきます。甘茶の木を希望の方にお分けします。家の周りに植えてください。熊野を「甘茶の里」にして、熊野に来る方を甘茶で歓迎するのも一つのプランだと思います。
山菜料理も用意します。栃餅つきや、山菜料理作りに参加する人を募集です。
雨天でも決行です。高齢者や、身体に不自由な方でも車でしたら、会場まで入れますので、ご参加を、