DSCN8030


16日は、山を案内で歩きました。曇りでしたが、大峰の山々が綺麗に見えました。

左から、釈迦、仏生、孔雀、八経、弥山の眺めです。

前日の15日に、電話で「山に行きます」という電話ありで、朝8時に待ち合わせ、「3/26の時は、途中で引き返しで、全部は見ていない」というフリーのルポライターの頼みで、案内へ、。

時間がお互いにないということで、8時出発、11時には小屋には戻るという速いスピードでの山歩きでした。

この日、事前の「連絡なしで、」飛び込み的に山歩きのご夫婦の二人の方がいて、この人たちに遅れてスタートして、早く降りてくるということでした。

山歩きに来たご夫婦は、ブログを見て、「一度、来てみたい」ということで、「国土地理院」の地図を片手に登る予定で来ていました。しっかりとした装備をしていて、山歩きではベテランの方と思いました。

ブログを見て、山歩きをしてみようと思ってくれたことには感謝です。三ツ口山を知っている人が増えることは大変うれしいことです。

ただ、事前の連絡無しで、来られていたので、「ゲートが閉まっていることもあり、また、山作業の予定などもあるので、事前連絡は必ずしてください」、と、お願いしました。


15日の山には、栃の木の花が咲いているかを見ることと、時間があれば草刈でもやってみようかと思っていきました。

栃の木の様子を見るためには、上から見下ろすようにしなければならないので、中尾根の上部に出て、その後横に横断的に歩くということで、その後は、崖路を下りての歩きだったので、この日はこれだけで終わりました。

栃の木の花がまだでした。5/21の山歩きの日には見れるでしょう。

山の様子です。

ツツジが綺麗に、

DSCN8008

道に土止めが、随所で整備されていました。

DSCN8010

3年前に植えたクヌギが大きくなっていました。

DSCN8017

今年3月に神奈川の進和学園のいのちの森プロジェクトからのウバメガシも活着していました。

DSCN8028