DSCN8908

DSCN8915

1月21日、山歩きの時に写した、北の大峰、南の熊野灘です。北と南、横一列が約80キロ全てを目にできます。
三ツ口山からの眺めは熊野での唯一の眺めです。
厳冬期ですから、寒いです。雪もあります。耐寒登山で、雪山感覚も味わえます。
そして、広葉樹の山の姿が味わえる山歩きです。
熊野では、戦後の杉・檜の「拡大造林」で、山が人々から疎遠なものになっています。山が生活の一部であった時代が、遠い昔の話になっています。
そんな中では、山を相手にしての生活はほとんど少なくなっています。膨大な杉・檜の山がありながら、山は遠くなっているのです。
山の豊かさは見えなくなって相当の時間が経過していると思います。
今、三ツ口山で進められている「100年計画の人口の自然林づくり」は、山の美しさ、豊かさを見せてくれています。
冬の山は、葉が落ちて、木々の様子、森の姿がよく観察出来ます。ゆっくりと山を歩きながら、山の空気を味わえます。三ツ口山は日本で、ただ一つの山です。

● 2月18日。午前9時集合、午後3時解散予定。
● 熊野市五郷町桃崎「ファミリマート駐車場」集合、朝9時です。R309号沿い
● 参加費500円。
● 装備:防寒、登山靴か地下足袋、昼食、飲み物。
● 申し込み・問い合わせは、090-6817-8041へ。
● 主催:三ツ口山に親しむ、山遊びの会。