DSCN9208

30日に、東京から熊野古道歩きのご夫婦が一泊。
夏は、アルプス縦走の山歩き、冬はスキーと、古典的な自然を楽しんでいる方で、夏・冬以外の時は、自然を求めて歩いているようで、那智から本宮までの「大雲取越え」をすでに歩いている方で、今回は、馬越峠と八鬼山越えを29、30日と歩いて、こちらに泊まりで、1日は、松本峠を歩いて、最後は那智勝浦に向かうとのことでした。
丁度、山菜の季節だったので、タケノコご飯、タケノコとワラビの煮物、タケノコの天ぷら、ワラビの刺身、ゴンパチの煮物、ウドの酢味噌和えがメインで、その上に刺身とスペアリブを出しました。
朝は、サンマの丸干しに、カブの味噌汁、ホウレンソウのおひたしに、水菜、新タマネギ、甘夏、トマトのドレッシングでした。