DSCN0297

白い彼岸花です。そんなに眼にすることが無いと思いますが、三ツ口山では見れます。

DSCN0300

DSCN0303

DSCN0304

DSCN0305

DSCN0307

DSCN0308

18、19と、8月から続けている甘茶の剪定作業で、午前中だけ山に入りました。

ゲートから入ったすぐのところで紅白の彼岸花が迎えてくれました。
すぐ横の木の花もきれいでした。

タラの芽や、ウドの実が色づいて、種として取りごろになりつつありました。
次の時からあ、袋がいるようです。

肝心の甘茶の剪定作業は、少しずつだが進んで、もう少しで終わりそうです。

DSCN0309

10町歩の部分は、すでに一定成林しているから、小さな木は気にしなくても良いということを、辻本さんからは言われているが、こちらは木の名前も知らないので、後から調べるためにもできるだけ切らないようにして、作業をやっています。
来年から、本格的に、「甘茶の里」作りのために、三ツ口山の甘茶を大量に移植する必要があります。
大量に苗を確保したいので、どれだけの甘茶があるのか、地図を作り上げて準備が必要です。