原木市場初セリ20190122
1月19日、熊野原木市場で、今年の初セリが行われました。吉隈新聞の記事をコピーしました。
全国から、製材業者や仲買業者ら約200人が集まっての新春初セリ。
記事の中にありますが、朝尾理事長が「20年前と比べて、材価は、約10分のⅠ、低迷が著しく、厳しい状況が続いている」と話されています。
杉・檜が、これから戦後造林が、ますます、年輪を重ねてきますが、この木材価格のままでは林業はますます、危機を迎え、地域の崩壊に歯止めがかかりません。