20190522_105428

20190522_105515

20190522_105434

20190522_105853

カメラが、うまく、捉えていません。御免なさい。

三ツ口山の栃の樹に花が咲きました。この栃の木は、10数年の樹です。もう、ここ二年、3年前から、花が咲き、実がなっています。
栃の花と実が出来るのは、学説や、通説では、35年から、40年生とされていますが、ここ三ツ口山では、それを覆す形で、花も実も誕生です。
辻本さんが、長い間、取り組み、実験してきた成果が、このように生きた現実として姿を現しています。

毎年、5月19日前後は、栃の木の花が咲くので、毎年、この日には山に入って、カメラに収めてきたのですが、今年は、18,19,20,21と雨だったので、山には入れませんでした。
遅れて、昨日=22日に入りました。美しい白色の花の色が、ありませんでした。

20190522_095733

20190522_095819_001

山の緑は一段と濃くなっていました。

20190522_092020

山の真ん中の谷は、増水していました。

20190522_090231

20190522_100644

上の写真は、大峰の山々です。

20190522_110115_007

真ん中より、少し、左の白い色が栃の木の花です。

20190522_110041_006

上は、少し、ズレたみたいで、花が写っていません。


少し、前ですが、甘茶の栽培予定地を、雉がいました。

Screenshot_20190509-161512_Gallery (1)