20190602_112731

こちらにとっては、感動的な絵です。
子供時代に食べたグミの味が忘れられず、田舎に戻った時に、一番先に、このグミを植えました。
花が咲き、実がなりだすと、鳥たちが、こちらの気持ちなど全く無視し、実の青いうちから食べられ、ネットを張ると、地面すれすれのところから、入ってきて、食べられてきました。
毎年、泣いていました。鳥たちが残した数個を口にするのが続いていました。
今年は、鳥が全く、グミに接近する気配なしで、それでも、心配で、数日前にネットを張りめぐらしました。
が、今日まで、鳥たちが来ていません。
鳥たちも、こちらに同情してくれたみたいだ。

ネットが邪魔で、採るのが大変です。ネットを外した途端に、鳥たちが来ればまた、泣かなければなりません。
が、ネットを外さなければ口には入りません。悩みます。
一気にすべてが同時に食べごろになってくれれば解決するのですが、

20190531_113711

鶯をやっと、カメラに収めました。
ずっと、鶯をカメラにと思っていたのですが、接近すれば逃げられて、そのためのみに、時間を使うわけにはいかず、毎日、朝から、鳴く鶯の声を聞いているのですが、やっと、彼らが止る枝を見つけました。

庭にはさつきの花が、

20190601_172507