20190903_075622

3日=今日も山での剪定作業。
朝7時には山に入っています。その前に「苗場に」行って、遮光ネットをあけて、陽光を挿し木苗に、
すでに、一定の時間が過ぎていますので、「挿し穂」が、入っています。
バッグは、アウトドア―用のクーラーボックスです。これをホームセンターで見つけてきました。急斜面での剪定作業なので、大きなバッグは無理なので、肩に担げるようで、、移動が可能で、同時に、挿し穂が300本は入れるようなものとして、手に入れました。1700円で、安い買い物で、重宝です。
この日は、7時頃から、9時半過ぎまでで、「挿し穂」が270本です。剪定ばさみと草刈り用の鎌を持っています。

20190903_075629

20190903_075640

ピンク色のリボンは、8月に甘茶につけておいた目印です。
これをつけているので、能率が上がりますが、良し悪しで、印をつけ忘れているのを、見落とすからです。
剪定作業は、同時に、来年のための剪定作業でもあります。
山で、ずっと、甘茶があるようにとのためです。

山は、まだまだ、暑いです。アブの襲来が激しいです。

遠くの大峰の山が綺麗でした。

20190903_081650

山のタラの芽が花をつけています。実がなりだしています。

20190903_081711

20190903_081729

10時には、山を下りて、「甘茶の郷」での「挿し木苗づくり」の、作業です。

この日の午後2時過ぎから、雷が鳴りだし、猛烈な雨が降ってきました。
夕方5時過ぎまで、動けないような雨でした。
結局、プランターは「苗場」に持って行けず、「郷」に置きました。

今日は、二人で、480本です。9月の目標は、5000本です。雨さえなければ十分に可能ですが、