20200705_062217

20200705_062217

20200705_062337
  
20200705_062121

20200705_062142

20200705_062337

20200705_062127

20200705_063844

20200705_063851

今朝、雨も収まったので、畑に様子見に行く。途中で誰かが、、トウモロコシを食った後をほっているので、だれだ!と思っていて、畑に入ると、トウモロコシが、全部、食われていて、残骸がほったらかしにされているではないか、「あ、猿だ」と、畑を見ると、ナスに、キューリに、トマト、ピーマン、全部食われているではないか、
大根も半分ほどが食われて放置だ。おそらく辛かったのだろう。
去年までは、ここには、猿が来ていなかったのだが、雨が強かったので、この間は、畑に入っていなかったのだ。

スイカやカボチャを作れば、彼らを誘引するだけだからということで、避けていたのに、トウモロコシがあるので、来たのだろう。

とにかく、鹿とイノシシは防護柵で防げる。猿は日中の行動なので、人がいる限り、防げるが、外に出る人間がいなくなると猿の世界になってしまうのだ。家と国道の間にある畑でもやられるのだ。

20200705_063844

このぬか床が出番なしだ。

20200705_063851

この粕漬は、2キロ分だけは、7月1日に漬けていたので、その分の2キロだけのナスとキューリが味わえるのだが、寂しい限りです。