20200913_170713

20200913_170811

20200913_170833

20200913_170852

20200913_170911

20200913_170924

20200913_170937

20200913_171001

20200913_171017

20200913_171020

写真が下手で、見れなかったと思います。御免なさい。

今回の問題は、市行政の歴史的構造的な課題ですので、時間を、掛けるしかないようです。
何よりも、市民の皆様が、問題を自分らにとって、自分らも放置できないのだということを市民の多くの人々が自覚するかどうかです。
そのためには、こちらが、どれだけ、事態をわかりやすく説明することだと思っています。

市長の姿勢が、疲れ切っているということです。問題、課題に果敢に肉薄するというエネルギーが枯渇しているという問題だと思います。
過疎化の進行=地方の危機、「地方の創成」が、叫ばれてから、だいぶ経過しています。それぞれの地方自治体は、最初は必死で、取り組んでいたと思いますが、特効薬が無い中で、事業には見るべき成果が上がらない中で、完全に、疲弊してしまっているのです。
おそらく、熊野、河上市長も同じだと思う。
甘茶生産事業が、国や、県が、補助して始まった時に、反応する力を失っていたのでしょう。
だから、全くの他所事としてしか見れず、部下に、調査、勉強することすら、指示できなかったことから、事態が始まったと思います。