熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

畑便り

ニンニクを約700個程の植え付け完了。9・26

DSCN0312

この間の天候不順や、こちらの私用の用事などで予定を大分遅れてだが、やっと、今日=26日、ニンニクの植え付けが終わった。

この間、車を長距離、長時間走らせ、同じ姿勢が続いた後に、畑仕事に入るや、腰痛が発生。
いつもならば一日で終わっているはずの作業が、二日もかかり、23,24の二日をかけて、たい肥、元肥を一気に同時に入れて耕運し、そのまま、植え付けを強行。
確保していた数が足らず、昨日、買ってきて、今日植えて、完了です。700個程です。ホワイト6方を、植えています。

果たして、うまく育ってくれるのか、心配だ。

まだ、雨が降っています。=30日。畑に様子を見に行く

DSCN0045

台風12号が九州で迷走中とのこと、その影響でここ熊野も雨です。台風一過という言葉がどこかに飛んで行ってしまったようです。
畑の様子を見に行きました。

カボチャや、スイカが採れごろみたいだったので獲りました。スイカは蔓が枯れてきたのが唯一の基準です。一個だけ割ってみました。上手い具合に食べごろです。

DSCN0047

DSCN0046

ミニトマトも割れずに残っていました。

この間、畑に入れなかったのですが、その間にキューリやトウモロコシがカラスに仕業ではないかということで、食われていました。

DSCN0048

DSCN0049

DSCN0051

DSCN0052


スイカとカボチャの収穫を始めました。ナス、キューリ、ピーマンが最盛期です。

DSCN9454

かぼちゃです。ロロンとえびすです。収穫後、10日以上置いた方が美味しいとのことで、置いています。
今年は、「高温障害」にやられています。なんとか応急処置で乗り切っています。
まだ、半分以上、残っているので、どうなるやら。

DSCN9463

このスイカは7キロ強でした。大玉と小玉の二つを植えています。
が、受粉時期を確定記録をしていないので、収穫日を特定できずに、右往左往。勘が頼り。ひげ蔓が枯れてきていることを唯一の頼りで、結果は、何とか食べれるようです。
上の大玉は、先日、ウナギが獲れたと大きなウナギを頂いた方へのお礼に持っていきましたので、味の方は何ともです。
小玉は、23日からのお客様に出していますが、それなりに美味しいと言ってくれました。

猛暑の中で、畑の夏野菜は最盛期です。直売所への出荷に、お客様のへの提供、そして、漬物に、友達への進呈などと、結構、働いてくれています。

トマト、ナス、キューリ、ピーマン、シシトウ、トウモロコシ、オクラと、
キューリはたった、3本だけですが獲れ過ぎて、すでに2キロはキューちゃん漬けです。毎日、ナスとキューリはぬか漬けです。
トウモロコシの収穫時期は短かいかいので、もう終わりになります。ナスにピーマンは夏を越して頑張ってもらおうと思っています。

23日、田植えが始まりました。24日、今年初めての出荷です。

DSCN9199


田植えが始まりました。今年は少し早いようです。22日の日曜日から始めているところもあったようです。連休前にはほとんどの田んぼでは田植えが終わります。その後が茶摘みですが、この茶摘みも今年は早いです。23日にはすでに始めている家もありました。


24日、今年初めての「JAの野菜直売所」への出荷です。

DSCN9201

ホウレンソウを23袋と水菜16袋です。共に一袋250グラムで、100円です。
完売でした。
ホウレンソウは今まで、不揃いで上手く作れたことが無かったのですが、今年はなぜか上手くいったようで、隙間なく育ってくれています。水菜もまずまずです。小松菜とカブもまもなく収穫ー出荷です。

ナスやキューリ、トマト、カボチャ、スイカ、トウモロコシ、ピーマンなどはこの28日に植える予定です。元肥はすでに入れています。

梅が満開、グミが芽吹き。大根、カブなどの種まきが完了。

DSCN9026


庭の梅の老木が一気に満開になりました。数日前までは朝は霜が降りているのが当然だった気候が、この間の暖かさで春が始まった感じです。グミも芽吹き始めています。

DSCN9031

13,14日の二日間で、ダイコン、カブ、ホウレンソウ、小松菜、水菜の種まきが完了しました。

DSCN9027

DSCN9028

このバケツは、谷から水を運んできたものです。畑に直接には水が引かれていないので、その都度、谷から水をバケツに入れて運びます。これは結構、重労働です。いつまでこの作業が続けられるのかが問題です。
運べなくなったら、もう野菜づくりは撤収です。現在75歳。後5年続けられるかどうかだ。
ギャラリー
  • 大峰の山は冠雪、三ツ口山は氷が張り、霜柱が立つ。4名で初冬の山歩き12・9
  • 大峰の山は冠雪、三ツ口山は氷が張り、霜柱が立つ。4名で初冬の山歩き12・9
  • 大峰の山は冠雪、三ツ口山は氷が張り、霜柱が立つ。4名で初冬の山歩き12・9
  • 大峰の山は冠雪、三ツ口山は氷が張り、霜柱が立つ。4名で初冬の山歩き12・9
  • 12/9,初冬の山歩きです。
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
  • 上北山村の小処温泉に行ってきました。紅葉がピークか!
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.