熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

田舎の生活

10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。

20191001_174707

20191001_174414

昨日=10月1日、庭にある栗が猿に盗られた。
ここ、2,3年は、猿が現われてはいなかった。数百メートルほど離れた隣の集落には、猿が出没しているとは聞いてはいたが、やってきた。
栗は、こちらが田舎に戻った時に植えたもので、だいぶ大きくなって、今年は、実が大量になっているので、楽しみにしていたのだが、
小さいものや、まだ、割れていないものは除いて、すべてやられた。枝を折って、盗っている。

20191001_174314

この日がケーブルテレビが光ケーブルに変えるために工事に来るということで、甘茶作業は休んで家にいたのだが、雨が降ったり、やんだりの状態で、外での作業はしないで、家の中で、パソコンをいじっていたので、外の動きはわからなかった。猿は人が外に居ないとして、やってきた。数は判らず。
が、猿は指令センターを持っているのではないかと思うのだ。
集落ー地域全体を、掌握し、どこが、「今なのかの情報を掌握していて、その情報で、接近時のチャンスをうかがい、そして、行動を起こしている」と、いう風になっているのではないかと疑うのだ。
これで、猿に掌握されたので、これからは、毎年、猿にやられるのだ。春のグミには来なかったし、夏のトウモロコシも無事だったのだが、柿は渋なので、大丈夫か、と、

大又川のアユ釣りが解禁です。6月9日、天然遡上が」多いとのこと。

大又川アユ釣り20190611
今年も、大又川のアユ釣りが、始まりました。
熊野川の源流域の大又川が水がきれいで、アユが美味しいと評判のアユ釣りです。
解禁日直前の雨で、川が増水し、川床が綺麗になることで、釣りが出来るのかどうか、心配していましたが、アユ釣りの人々は、多く、川に入ったようです。
釣果の程は、新聞記事以上のことは知りませんので、梅雨空ければ、アユも大きくなって、楽しみが増えます。

6月6日、梅酒を作りました、ニンニクと玉ねぎ出荷。

20190606_161729

久しぶりの上天気です。梅も一定の大きさになってきたので、梅酒を作りました。
梅が2キロで、焼酎2本で漬けました。
我が家の老木の梅の樹は、今年も梅をつけてくれました。

また、この天気なので、ニンニク3個入りを14袋、玉ねぎ3個入を、33袋、出荷しました。

20190606_082831

20190606_082815

グミが食べれました!今年は鳥たちが食べずです。鶯をカメラが、

20190602_112731

こちらにとっては、感動的な絵です。
子供時代に食べたグミの味が忘れられず、田舎に戻った時に、一番先に、このグミを植えました。
花が咲き、実がなりだすと、鳥たちが、こちらの気持ちなど全く無視し、実の青いうちから食べられ、ネットを張ると、地面すれすれのところから、入ってきて、食べられてきました。
毎年、泣いていました。鳥たちが残した数個を口にするのが続いていました。
今年は、鳥が全く、グミに接近する気配なしで、それでも、心配で、数日前にネットを張りめぐらしました。
が、今日まで、鳥たちが来ていません。
鳥たちも、こちらに同情してくれたみたいだ。

ネットが邪魔で、採るのが大変です。ネットを外した途端に、鳥たちが来ればまた、泣かなければなりません。
が、ネットを外さなければ口には入りません。悩みます。
一気にすべてが同時に食べごろになってくれれば解決するのですが、

20190531_113711

鶯をやっと、カメラに収めました。
ずっと、鶯をカメラにと思っていたのですが、接近すれば逃げられて、そのためのみに、時間を使うわけにはいかず、毎日、朝から、鳴く鶯の声を聞いているのですが、やっと、彼らが止る枝を見つけました。

庭にはさつきの花が、

20190601_172507

6月1日、ニンニクの収穫は終わりました、玉ねぎは、半分。

20190601_153355

20190601_153405

今年は、例年よりも、数日、早い収穫です。
玉ねぎも、ニンニクも、数日の好天気が続くことが、収穫時には必要で、天気予報では、この頃と考えて、行動を起こすが、天気が不安定になり、思うようにはいきません。また、今年は、甘茶生産事業に取り組むと考えていたので、野菜作りは辞めようと思っていたが、昨年秋に、ニンニクと玉ねぎだけはと、植えていたので、この時の収穫が必要で、時間にあまり余裕が無いなかで、5月末ごろから、玉ねぎは、倒れた分だけの収穫をやって来ていて、今日は、ニンニクの収穫が遅くなっていたので、一気に全部収穫しました。

ニンニクは、約700個程、玉ねぎも、同じく700個程、去年はネギ坊主が出来て散々だったが、今年は10個程だけだったので、大量の収穫だ。玉ねぎは、3分のⅠぐらいは、まだ、残っている。
玉ねぎは、3個入り120円で、55袋を農協の直売所に出荷、ニンニクは、黒ニンニクづくりにです。

ジャガイモも葉の色が変わりつつあり、まもなく収穫だが、梅雨が接近してきているようです。
保管が大変です。雨に降られないように、また、ジャガイモは陽が入らないようにしなければならず、数が多すぎて、大変です。

ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.