熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

田舎の生活

ツバメさん!ようこそ、辻本さん家に30年続いています。

今年も、ツバメがやってきました。30年以上続いているそうです。

DSCN9148

DSCN9150

辻本さんは、ツバメが来ることを喜んで歓迎しています。様々な工夫を凝らして、少しでも快適な子作りができるようにとしています。
今年は、屋根の下に巣を作っているのですが、日中の温度が上がると巣の辺りも暑くなってくるので、その対策として、屋根に暑さを防ぐための装置を取り付けています。

DSCN9149


グミの花が咲き、柿、梅、栗に、緑が出てきました。

春が進んでいます。
グミに花が咲きました。実がつきだすと鳥のエサにされます。防御ネットを準備しなければなりません。

DSCN9114

梅の花が散り、緑に代わりつつあります。

DSCN9115

柿の芽が出てきました。桃・くり三年、柿八年で、今年は柿の八年目です。実がなるかどうかが楽しみです。木がまだ、小さいので、今年は無理ではないかと思っています。

DSCN9116

栗の芽が少しだけ出てきています。

DSCN9117

アケビも、花が咲きました。

DSCN9119

庭の水仙の花がまもなく終わりそうです。

DSCN9118

桜はどこも満開です。奈良・下北山村も、三ツ口山の桜も。

DSCN9056


奈良、下北山の桜並木はものすごく多くの桜があり、圧巻です。今年は4月⒎,8日が桜祭りの予定ですが、もうすでに桜が満開です。この間の暖かさで、熊野でもほとんどの桜は満開です。


下北山の桜です。

DSCN9057

DSCN9058

DSCN9059

三ツ口山の桜も満開に近いです。8日に桜の花見会を予定していますがどうやら葉桜見学になりそうです。

DSCN9068

DSCN9069

三ツ口山の椿も一斉に咲いています。

DSCN9060

DSCN9062

直播の栃の木は4年で大きくなっています。

DSCN9064

DSCN9067

この栃の木は、夏までに1メートルの大きさになるのではないかと思います。


3・20、今年初のタラの芽とワラビを収穫しました。

DSCN9040


雨予報の中、畑作業は休みなので、買い物に出かける。その時、山菜の様子を見てくることにした。

海側では、おおらくもう出ているだろうと見当をつけて出かける。

買い物を新宮まで出かける予定だったので、「見るだけで、採らないこと」にして、高枝ばさみを持たずに出かける。

DSCN9038

桜が7分咲きぐらい。タラの芽の採り頃の目安。

ワラビとタラの芽が出ていました。、見るだけが、見れば採るしかないと手を出す。
ワラビは大丈夫だが、タラの芽は素手では難しい。それでも出ている限りは採らねばと、必死で、奮闘。4つだけキャッチしました。
これから春が本番。昨日は雨だったので出かけれず。
今朝(22日)、買い物ついでに様子を見にいくとすでに採られている。また、採っている人ありで、今朝は収穫無し。

梅が満開、グミが芽吹き。大根、カブなどの種まきが完了。

DSCN9026


庭の梅の老木が一気に満開になりました。数日前までは朝は霜が降りているのが当然だった気候が、この間の暖かさで春が始まった感じです。グミも芽吹き始めています。

DSCN9031

13,14日の二日間で、ダイコン、カブ、ホウレンソウ、小松菜、水菜の種まきが完了しました。

DSCN9027

DSCN9028

このバケツは、谷から水を運んできたものです。畑に直接には水が引かれていないので、その都度、谷から水をバケツに入れて運びます。これは結構、重労働です。いつまでこの作業が続けられるのかが問題です。
運べなくなったら、もう野菜づくりは撤収です。現在75歳。後5年続けられるかどうかだ。
ギャラリー
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
  • 毎日、広葉樹の山づくりが「保育」の仕事として続けられています。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.