熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

熊野便り

13日、熊野に移住を準備している夫婦が来てくれました。

DSCN0847

10日に、山で採ったタラの芽を水を含ませて、新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れていました。全く、新鮮そのものでした。

この日、名古屋から、熊野で、ミカンを作りたいと、移住を考えている中年より、若い夫婦が来てくれました。この間、何度も、熊野に来て、行政や、組合や、農家さんとの間で、具体的な移住後の生活の相談を重ねているという方で、この4月に、また、何度も来るとのことで、極めて具体的に計画を詰めているようでした。
こちらに移住の腹を固めているので、より深く、知って研究したいということで、こちらにも来てくれました。
非常に、真剣に、具体的に考えていました。
こちらが、準備している「甘茶生産事業」にも、非常に関心を示してくれて、「栽培研究会」に入っても良いということでした。また、6月23日の「山祭り」にも参加したいとの事でした。

田舎料理でのおもてなしです。

タラの芽と、ユキノシタ、にヒラタケシメジサツマイモの天ぷら、

DSCN0849

ワラビに刺身、

DSCN0845

ダイコンに干し柿入りの酢の物、

DSCN0846

九鬼であがったブリの刺身に、サザエのつぼ焼きに,カシワの手羽中の焼き物、高菜の握りずし。そして、野菜サラダでした。
お客様は、一つ残らず、食べてくれました。

山桜が、山肌を染めています。山づくりの豊かさが、味わえます。

DSCN0826

DSCN0831

DSCN0832

DSCN0834

DSCN0835

DSCN0837

DSCN0838

DSCN0840

三ツ口山の10町歩の所では、「広葉樹の山造り」から、10数年が経ちました。林内では、様々な木々が、一定成林していますが、そのなかで、山桜の花が咲きだしてきています。
辻本さんが、広葉樹の山に、山桜があれば、眼を楽しませてくれるではないかと、多くの山桜を植えてきました。今、その山桜の樹には花が咲きだすところまで、成長してきました。
ざっと咲いてる山桜を数えると100本以上あります。
これから、年々、楽しませてくれます。
こちらのカメラの腕が貧困なため、皆様には判りにくいかも知れませんが、とにかく、これからが楽しみです。
「100年計画の広葉樹の山造り」は、これから、ますます、その山づくりの大事さを見せてくれます。
栃の樹も、栃の森と言えるほどに、見事に育っています。
一方、木が大きくなると風の圧力を受ける量が増大します。昨秋の、2度、3度にわたる台風の強風で、多くの木々が倒されました。特に大きな山桜は3本纏まって倒れてしまいました。残念です。

DSCN0843

甘茶が芽吹きだしました。

DSCN0827

DSCN0828

コシアブラも出てきました。

タラの芽の天ぷらと、ワラビの刺身で、お客様を迎えました。3月31、4月1日。

DSCN0778

3月31日、大阪から4歳の娘さんを連れたご夫婦が、熊野に来ました。
五条ー十津川経由、168で、本宮、そして、湯ノ口温泉入浴、丸山千枚田見学後、我が家の到着でした。
季節的には、丁度、端境期的に真ん中で、桜はまだ、咲いたばかりで、また、山菜もこちらの集落ではまだで、というところで、どのように迎えようかと考えましたが、海側では、もうすでに春、山菜が取れるので、前日に、タラの芽とワラビが取れましたので、それで、お迎えしました。

4歳の子供が、我が家の梅干しが、美味しいときっちりとすべて食べてくれました。感激です。このごろの人は、あまり梅干を食べないという人が多かったので、
お礼に、我が家の梅干を瓶に詰めて、持って帰って貰いました。
我が家の梅干は、昔の味のままで、塩が、しっかりと利いた大粒で美味しいと思っています。

1日は、大又川の水の綺麗さをしっかりと見てもらいました。

耕作放棄地の再開への作業ー甘茶生産事業の出発へ

DSCN0770

積み上げられたススキの根です。

27,28,29と三日連続で、甘茶を植栽予定の畑のススキの絶滅作戦です。
長い間使われ無くなっている畑を使おうと、開墾的な作業を始めました。もともと、畑なので、ススキの根が浅いので、トンガを使って堀起こせば、ススキは除去できるので、何とかなるだろうということで、頑張っています。予定の場所は、5メートル×10メートルほどの狭い場所ですが、午前中だけ3日で、約3分のⅠほどが終わりました。

DSCN0772

DSCN0774

午後からは、ここ二年以上耕作放棄されている圃場での作業です。

DSCN0776

約2反ほどの圃場です。
甘茶生産に使える圃場は、耕作放棄地ばかりです。ここに植栽することが重要なことなのですが、しかし、現実は厳しいです。昨年秋には、ススキの実が飛ぶ前にいったん、花の部分だけを応急的に刈ったのですが、来年の春の苗植えの前に、ススキを根絶させておく必要があるので、残っているススキを完全に刈り取り、根を引き抜くために事前作業です。
生い茂っていたススキの枯れ草は膨大にあります。三日間午後、二時間ほどの作業で、6分の一ぐらいが終わったところです。

DSCN0777

DSCN0775

刈った草を燃やしながら、刈らなければ、刈った草が邪魔になります。ここ三日間は、燃やさずに刈ったので、これから刈らなければならないものとの区別がつかなくなっています。
刈った後が、最大の難事業です。圃場は砂地なので、ススキの根が50センチほど地下を張っています。
これを完全に文字通り、根こそぎがする必要があります。今年の秋10月ごろまで、やりきらなければなりません。
その手段・方法は、小型ブルでいったん底ざらえ的に取り除くのが一番ではないかと思っています。

甘茶の生産事業は、山から、甘茶を苗木として、取り出す作業と、この圃場づくりが、出来なければ机上の空論です。


26日、今年、初のタラの芽とワラビを採ってきました。

DSCN0758

DSCN0759

ギャラリー
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
  • シャクナゲが咲きだし、タラが終わり、ウドが出始め、ゴンパチも収穫へ
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.