熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

農家民宿やまもとのメニュー

5月の連休中は、一日おきに、3組、11名様が、来てくれました。

20190507_073519

20190507_073513

実に可愛くて、また、行い、振る舞いは、感心するばかりのワンちゃんでした。
5,6,と二泊のお客様に連れられて、来てくれました。
報告が、遅れたのは、応対に必死で、写真がこのワンちゃんだけをスマホで撮ったのがあっただけで、その上に、スマホから、パソコンに取り込み方が、わからなかったので、今日まで遅れました。
連休中にこちらを利用してくれた皆様ありがとうございました。お客様にはどれだけの満足を与えることが出来たのか、には不安がありますが、こちらは皆様から、たくさんのことを教えてもらって、感謝で一杯です。本当にありがとうございました。

コシアブラのご飯のおいしさ、椿の葉っぱをタケノコのアク抜きとして、使うことなど、
また、アオリイカや、ベラなどを頂きました。
提供した田舎料理を残らずに食べて頂きました。本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

今朝=22日、朝5時から、筍堀とゼンマイ採りを、それぞれで、頑張りました。

DSCN0876

タケノコの担当は、こちら、20日に掘ったのですが、今朝も一釜分を掘りました。

ゼンマイは、連れ合の担当です。ゼンマイは採るのも大変ですが、その後の作業は、大変みたいです。
新聞紙を一杯に広げての作業で、今朝はたくさん採ってきたので、大変と叫んでいます。

DSCN0877

DSCN0878

13日、熊野に移住を準備している夫婦が来てくれました。

DSCN0847

10日に、山で採ったタラの芽を水を含ませて、新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れていました。全く、新鮮そのものでした。

この日、名古屋から、熊野で、ミカンを作りたいと、移住を考えている中年より、若い夫婦が来てくれました。この間、何度も、熊野に来て、行政や、組合や、農家さんとの間で、具体的な移住後の生活の相談を重ねているという方で、この4月に、また、何度も来るとのことで、極めて具体的に計画を詰めているようでした。
こちらに移住の腹を固めているので、より深く、知って研究したいということで、こちらにも来てくれました。
非常に、真剣に、具体的に考えていました。
こちらが、準備している「甘茶生産事業」にも、非常に関心を示してくれて、「栽培研究会」に入っても良いということでした。また、6月23日の「山祭り」にも参加したいとの事でした。

田舎料理でのおもてなしです。

タラの芽と、ユキノシタ、にヒラタケシメジサツマイモの天ぷら、

DSCN0849

ワラビに刺身、

DSCN0845

ダイコンに干し柿入りの酢の物、

DSCN0846

九鬼であがったブリの刺身に、サザエのつぼ焼きに,カシワの手羽中の焼き物、高菜の握りずし。そして、野菜サラダでした。
お客様は、一つ残らず、食べてくれました。

タラの芽の天ぷらと、ワラビの刺身で、お客様を迎えました。3月31、4月1日。

DSCN0778

3月31日、大阪から4歳の娘さんを連れたご夫婦が、熊野に来ました。
五条ー十津川経由、168で、本宮、そして、湯ノ口温泉入浴、丸山千枚田見学後、我が家の到着でした。
季節的には、丁度、端境期的に真ん中で、桜はまだ、咲いたばかりで、また、山菜もこちらの集落ではまだで、というところで、どのように迎えようかと考えましたが、海側では、もうすでに春、山菜が取れるので、前日に、タラの芽とワラビが取れましたので、それで、お迎えしました。

4歳の子供が、我が家の梅干しが、美味しいときっちりとすべて食べてくれました。感激です。このごろの人は、あまり梅干を食べないという人が多かったので、
お礼に、我が家の梅干を瓶に詰めて、持って帰って貰いました。
我が家の梅干は、昔の味のままで、塩が、しっかりと利いた大粒で美味しいと思っています。

1日は、大又川の水の綺麗さをしっかりと見てもらいました。

我が家の狭い庭に花が咲いています。

DSCN0763

我が家の庭にあちこちに水仙が咲いています。全く放置したままなので、あちこちにバラバラに、二つ、三つと咲いています。

DSCN0765

何の草なのか、名前は知りませんが、可憐な花です。

DSCN0767

ギャラリー
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 10/1、サルに栗が盗られた。一瞬の間に。
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
  • 28,30日と、甘茶剪定作業で、9月目標突破、6150本の挿し木苗をプランターに、
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.