熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

農家民宿やまもとのメニュー

15日、奈良から、5人のbグループが、来ました。

DSCN0291


15,16と、奈良の会社のグループで、遊びに来てくれました。

ウナギ獲りに挑戦とのことでしたが、この間の雨で増水で、ダメだったのですが、何とかと頑張って挑戦してました。
もう一つの楽しみは、丸木小屋でのバーベキューで、このために好みの食材を調達して持参でした。
こちらのメニューと合わせて結構豪華となったようです。
夕方5時過ぎから始まったのが終わったのが夜11時過ぎでした。

皆さんが意欲的な方々と見えて、朝早くから起きだして、海釣りに出かけられました。海が荒れていたので波止でのサビキ釣りしか出来なかったようですが、

そのあと、ウナギを見に行きましたが、残念でした。これは仕方がありません。川が増水中で、そもそも、川の中に入れないのですから、

12,13,14.15と3泊4日、大阪の若い家族4人が、海や川で遊びました。

DSCN0115

12,13,14,15の3泊4日で、季節ごとに利用してくれている大阪の若い家族が、遊びに来てくれました。
14日の夜から雨が降ってきましたが、それまでの12,13,14は、晴れで、海や川で、遊んでいきました。
父親が釣りが得意で、また母親も、子供たちも外遊びが大好きという、自然に触れ合うことが一番という家族です。

12日は、川で遊んだうえで、やってきました。さっそく、ウナギ釣りの準備で、これはこちらと父親の二人だけで、彼は、道具やエサ取りようのエサも持ってきていてくれて、彼の方が、こちらよりも経験が豊富です。この頃は大阪の大和川も綺麗になってウナギが釣れるとのことでした。

13日朝は、早朝から彼は海に、青物狙いとのことで、こちらは川にウナギの仕掛けを、で、こちらの川は反応無しで、彼の海は、シヲ(=カンパチの子供)と、サバの幼魚を釣り上げて帰ってきました。
早速、彼が捌いて、塩焼き用と刺身に分ける。
日中は、家族全員で川へ、

14日も、早朝から、彼は海へ、この時は上の子供を連れてで、昨日に続いて、シヲを3枚挙げてきました。女の子ですが、竿をふるっています。日中は海の予定だったが、浪が高くて、川に変更したとのこと。

川から戻ってきても、子供たちは、蝉取りや蝶々とりや、イモリを捕まえることに熱中で、夜は、食事が終わった後は、花火をして遊んだ後は、ゴザを庭に敷いて、星座の観察です。人口の光と音はありませんので、家の電気を消せば満天の星(=星が降ってくるを実感できます)が眺めれます。
火星や、流星も見れたとのことでした。

14日は、集落の追善盆踊りだったので、夕食をは早めに済ませて、会場のお寺に、さっそく、抽選の券をもらう。7時半に初盆の法要が終わり、盆踊りに移ろうかという時に、雨が降り出す。様子を見ていたが、止みそうにも無かったので、子供たちもいるので、引き上げる。
その後、雨が止んで、盆踊りが始まったようで、盆踊りが終わったころから、本ぶりの雨になったようです。

15日の朝は雨が強く、釣りにならず。それでも上の子供を連れて、貝拾いに出かけていました。父親も、母親も本当にこまめに子供に丁寧に付き添っていました。子供たちも、縦横に田舎を遊んでいました。網を持っては、蝉や虫を、やもりそして、やもりを追っかけていました。

13,14,15の朝食は、8時半からでした。父親が帰ってきてからということで、

食事は、12,13とバーベキューで、14日は、炊き込みご飯に刺身と、天ぷら、です。

DSCN0116

11,12と、ウナギ獲りに来てくれました。結果は残念。が、天然鰻は食べてもらいました。

DSCN0108

今朝(12日朝)。近くの知人がお客様にと持ってきてくれていたウナギを捌いて提供です。
結構の大きさです。長さは60センチです。ご夫婦二人分の朝食には、なんとか足りたと思います。

常連的に、大又川のウナギ獲りに挑戦のための何度も来てくれているのですが、最初だけは獲りましたが、その後は何連敗中です。申し訳ないです。

大又川のウナギ漁はどうやら終わりがきているように思います。

今朝(7日)、ウナギがかかっていました。

DSCN0082

今朝、川に点検に行く。
一匹がかかっていました。空振りよりも気持ちが良いです・今日一日も、頑張ろうかときも、思います。

インターハイ・女子ソフトに、3,4,5と応援に来ています。

DSCN0080

2日から始まったインターハイの女子ソフトの応援に広島から、両親が応援に来ています。
3日から、試合が始まっています。炎天下での試合ですから、応援するのも大変です。
今日は、2試合が予定されていて、勝ち進めば、明日(6日)の、準決勝と決勝戦が待っているそうです。
朝早くから、出かけ、夕方遅く帰ってきています。選手たちと一心同体での応援です。帰ってきたら、さっそく、洗濯しています。
岡山の創志学園という強豪校で、連覇がかかっているようです。

DSCN0081

ギャラリー
  • 季刊「地域」=農文協、最新号(10・1発行)で、三ツ口山での山づくりが紹介されています。
  • 季刊「地域」=農文協、最新号(10・1発行)で、三ツ口山での山づくりが紹介されています。
  • 三ツ口山で、日本ミツバチの姿を見る。
  • 三ツ口山で、日本ミツバチの姿を見る。
  • 三ツ口山で、日本ミツバチの姿を見る。
  • 甘茶の挿し木苗を200本を仕込みました。
  • 台風一過、アケビを食す。
  • 甘茶栽培へ一歩、開始。=苗木つくりを始めました。
  • 甘茶栽培へ一歩、開始。=苗木つくりを始めました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.