熊野での田舎暮らし

熊野での田舎暮らしの良さを伝えます。26年春に熊野までの高速道路が開通し、全国と高速道路で結ばれます。 熊野の自然と歴史と文化は、豊かです。じっくりと落ちついて味わってほしいと思います。 そのために様様な角度から伝えたいです。 熊野の田舎暮らしのために、農家民宿を7月から始めました。 様々な「体験メニュー」を紹介します。ホームページは、「農家民宿やまもと」で検索して下さい。

100年計画の人工の自然林造り

昨日、6・24雨天でも大丈夫用に大きなテントを作りました。

DSCN9403

昨日=17日、三ツ口山で、24日の「集い」が、雨天でも大丈夫の為に、テントを組み立てました。
鋼管パイプを使っての組み立てです。
数十人ほどが入れます。当日朝に、ブルーシートを乗せれば完成です。

山アジサイが綺麗です。

DSCN9394

山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。

DSCN9390


昨日(13日)、晴れだったので、甘茶摘みに三ツ口山に午前中だけ入りました。今年は相当速いペースで花が咲いています。

DSCN9391

DSCN9392

DSCN9393

DSCN9395

DSCN9396

6月24日の「第四回、豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」が楽しみです。

フキもたくさん採り頃です。甘茶や山アジサイの挿し木苗用にお持ち帰りが自由です。大量に大丈夫です。
また、今が山の豊かさがよくわかります。

甘茶を摘んで、揉みました。山では、山アジサイとささ百合が咲き始めました。

DSCN9386

甘茶です。昨日(6月8日)、雨が午後からとの予報だったので、その前に、甘茶を作ろうと、甘茶摘みに山に入りました。
この時期が甘茶を摘みの最適な時期です。大量に甘茶を作って、多くの人にその存在、価値を知ってもらうためにです。雨は、昼前には降り始めました。
剪定も兼ねて、枝ごと葉っぱをとりました。
これを今日(9日)に揉んで、乾燥です。
DSCN9387
もっと、大量に作りたいですが、ここ数日は雨予報なので、晴れを待ちます。

山では、山アジサイとささゆりが咲き始めていました。

DSCN9383

DSCN9376

実に綺麗です。今年は、桜の開花が、一週間ほど早かったのに、続いて、すべてのものが早いです。
ささゆりも山アジサイも10日程早いようです。

DSCN9378

DSCN9379

DSCN9380

DSCN9381

DSCN9382

6月24日の「第四回、豊かな自然の恵みと美しさを味わう集い」への準備が進んでいます。

是非、この集いへの参加を、

5/20,三ツ口山の見学会を4人で、行いました。

DSCN9311


栃の木の花です。


5月20日、「山見学会」を開きました。山歩きと違って、山の豊かさをジックリと歩いて体験した貰おうと企画しましたが、参加者は、山歩きの方を楽しみたいという方だったので、山歩きを時間をかけてゆっくり歩こうとしました。

第6ポイントまで上がりました。
この日は、朝の内は晴れで、午後から、曇り出してきました。


山では、丁度、栃の木が花が見頃でした。一番近ずいての見るには、危険なので、第6ポイントからの遠望となりました。

また,水木もきれいに咲いていました。

DSCN9309

DSCN9310

DSCN9316

次は水木です。

DSCN9306

DSCN9320

山に「なんじゃもんじゃ」が植えられています。
辻本さんは、自生していたら「天然記念物」としての「なんじゃもんじゃ」を、三ツ口山でも育てようということで、苗木を買って植えました。「なんじゃもんじゃ」の木の花はミツバチが好むということで、そのためにもそのためにもということで植えました。

DSCN9258

10リッターの甘茶の試飲=約250人に、5/27オール熊野フェスタで、

DSCN9322


5月27日に、市駅前広場で、「第7回オール熊野フェスタ」が、開かれ、今年初めて、参加し、「甘茶の試飲」を提供しました。

DSCN9321

熊野のあらゆる物産、名物を一堂に集めての一大イベントです。8/17の熊野大花火に続くものとしてあります。
「三ツ口山に親しむ山、山遊びの会」としては、今年初めて参加しました。
「幻の健康飲料水=甘茶を地域の特産品」とするべきではないかということで、まず、「甘茶を知ってもらう」ということで、試飲の提供と、同時に三ツ口山での広葉樹の山づくりの紹介を兼ねての参加でした。

甘茶を10リッター作り、小さな紙コップに入れての提供で、約250個=250人への提供となりました。
まずまずです。この日は、こちら一人での対応でしたので、これが限度でした。

反応では、ほとんどの人が知りませんでした。知っている方は、「お寺さんで4月8日に、頂いた」という記憶がある方でした。その意味では、ほとんど知らないということでした。
口に入れた感想は、とにかく「甘い、なんでこんなに甘いのか、砂糖が入っているのではないか」というのが圧倒的でした。
自然が生み出す甘さにびっくりしていました。
話が進むと、何処で手に入るのか、ということでした。
甘茶を地域の特産品として、確立していきたいという夢の第一歩でした。
これからは、あらゆる機会を捉えて、試飲会と、甘茶の活用を訴えていきたいと思いました。

ギャラリー
  • 昨日、6・24雨天でも大丈夫用に大きなテントを作りました。
  • 昨日、6・24雨天でも大丈夫用に大きなテントを作りました。
  • 山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。
  • 山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。
  • 山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。
  • 山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。
  • 山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。
  • 山アジサイとささゆりが、早くも咲きだしています。6/24が、楽しみです。
  • 今日が=(6/10)、大又川のアユ釣りが解禁されました。
投稿 by Kiyotsugu Yamamoto.